アーロンチェアのすべてがわかる【歴史から問題・誤解・裏話まで】

アーロンチェアとは米国ミシガン州に本社を構えるハーマンミラー社により製造されており、1994年に発売されて以来、世界で750万台以上の販売実績を持つ世界最高峰のオフィスチェアです。

そんなアーロンチェアは実際に良いものなのか気になる人はたくさんいるはずです。

本当の評価、裏話、注意点、腰痛との関係まで真のレビューをプロが書きます。

めちゃくちゃな超長文ですが本気でアーロンチェアを考えている人は最後まで読むのをお薦めします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




アーロンチェアのデザイナー

(https://www.hermanmiller.com/ja_jp/designers/chadwick/) (https://www.hermanmiller.com/ja_jp/designers/stumpf/)

アーロンチェアは共にアメリカの工業デザイナーであるドン・チャドウィックとビル・スタンフの両名によりデザインされ1994年に発売されました。

彼らは以前からハーマンミラー社のワークチェアのデザインを手掛けており、両名の共作は1984年のエクアチェア以来20年ぶりのことでした。

ドン・チャドウィックのストーリー
アーロンチェアリマスタードのデザイナーとして今なおワークチェアの偉大なデザイナーとして活動しています。 ハーマンミラーのワークチェアの歴史を担う存在です。
アーロンチェアの生みの親の一人「ビル・スタンフ」のストーリー
アーゴンチェア、エクアチェア、そしてアーロンチェア。 ハーマンミラー社のワークチェアを常に進化させ続けたデザイナーであり、現在のワークチェアがあるのも彼らの功績です。 オフィスシーティングに革命を起こしたデザイナーは彼です。

アーロンチェアのデザインストーリー

(https://www.hermanmiller.com/ja_jp/products/seating/office-chairs/aeron-chairs/design-story/)

アーロンチェアの背と座がメッシュ状の素材を採用しています。これは当時ワークチェアとして初めて採用されたデザインでした。

チャドウィックは老人ホームを訪問した際に、長時間寝ている姿勢をとり続けることで”床ずれに”悩む入居者を目の当たりにしました。その問題を解決すべく考えたデザインが通気性の良いメッシュ素材の利用です。

長い時間座っていても、接触しつづけた身体が痛まずに通気性を保つことが必要だと考えます。

完成当時、メッシュ素材を使ったワークチェアは製品として世に存在せず、ハーマンミラー社のマーケティング部から「斬新すぎる」と発売のストップがかかりました。もっと重厚にすべきとマーケティングが提案した試作は背と座も本革張りになっているものでした。

会社としてはマーケティングの話を優先するべきなのですが、CEOはジョージ・ネルソンの教えに従いデザイナーの理念を優先します。

そうして発売された新しいオフィスチェアは”空気”を意味するラテン語のAeroを製品名につけてAeron chairと名付けられました。

アーロンチェアの変化

アーロンチェアは1994年に発売してから改良をし続けていました。

発売当時は腰椎をサポートするクッションが付いた「ランバーサポート」のみの展開でした2001年に整形外科のDr.ブロックによる仙骨を支える「ポスチャーフィット」を開発し特許を取得してアーロンチェアに採用します。以降のハーマンミラー社のワークチェアの理論の基本となりました。

利用者の声や評判を常に聞き続け改良を繰り返し、2017年にはとうとう完全に新作のアーロンチェアを作り上げました。

新発売したアーロンチェアリマスタードとは

新型のアーロンチェアこそAeron Chair Remastered(アーロンチェア リマスタード)です。

今までの改良とは違い、クラシックアーロンチェアと共有するパーツは一つもなく、すべてのパーツを一から作り上げ3年の製作期間を経て発売されました。

新しいアーロンチェアを発売するにあたり、また新たに人体の身体を研究し世界各国の人種の統計をとり直して、現代の座って作業する人たちへ向けてさらにフィットするように形を変えられています。

日本人に向けても再度調整をされているためさらなる座り心地の良さを実現しています。

Health Positive Design(健康にとって前向きなデザイン)に基づいて作り上げられました。

ここからが重要です 実際にアーロンチェアは良いものかをプロの目から書きます

(以前アーロンチェアリマスタード発売を記念して名古屋で特別展示会をやっていた時の光景)

でもお断りをしますが、私はアーロンチェアを製造しているハーマンミラー社の正規販売店を経営しています。しかも自分がエルゴノミックアドバイザーで、販売実績も数多くあります。エルゴノミックアドバイザーは2014年最初の認定者ですから、最も長いアドバイザーの一人です。

さらに2018年9月にはハーマンミラー社のアンバサダー(大使)ともなりました。

プロってそういうことです。過去に数百人は直接顧客と向き合い悩みや要望を聞きアーロンチェアを販売しています。

話題のアーロンチェアリマスタードが2017年1月25日に発売した時は、ハーマンミラー正規販売店の中でも限られた店舗だけ行われた先行販売にも参加できました。

そんな私がアーロンチェアの評価を書いたところで「販売しているやつが言うことなんだから信用出来ないよ!」という話もわかります。

でも違うんです。私も良いと思っているから販売しているんです。

ハーマンミラー社の正規販売店になることは簡単には出来ないですし、厳格なので良識にしたがって販売する必要があります。知識も必要。研修もあります。保証対応も複雑で長い。

さらに、ハーマンミラー製品をすでに販売をしている既存の会社たちが強すぎるので、新規参入できたとしてもどうにでもなるものじゃありません。1人でなんてまず無理です。(やってますけど)

でもやっぱりアーロンチェアはレベルが高く素晴らしい椅子なのでそれを販売したいんですそれもちゃんと正規販売店として正々堂々とです。

アーロンチェアの何が良いのか、どんな誤解があるのか、正直に書きます。

座り心地が快適かつ座っていてもお尻が痛くなりづらい

ペリクルの写真

背と座に使われているメッシュ状の素材「8Zペリクルサスペンション」は、他のメッシュ座面のワークチェアとは一線を画しています。

座ると均等に荷重が分散して、一箇所に体重がかからずに長時間の着座姿勢でもお尻や太ももが痛くなりづらいです。

最新のアーロンチェアリマスタードでは部位ごとに張力を変えるなど最新の技術が使われており格段の座り心地を提供しています。滑りづらくもなっていることも評価点です。

「8Zペリクル」(エイトジィーペリクル)は座面と背もたれをそれぞれ4箇所で張力を変えることで、骨の当たる部分はより柔らかく、端は身体を支えるために固めにと弾力が違います。

これによりよくある座るとお尻が痛くまた滑りやすいメッシュ椅子とは違い、若干お尻部分が窪むために圧迫感が少ないです。

たまにメッシュの椅子は座り心地が悪いなんていうことを聞きますが、それはそのメッシュの椅子のことでしょうね。メッシュの椅子=アーロンチェアではありません。メッシュ座面はピンと張ると滑りやすく固いために座り心地が悪くなります。また耐久性も気になります。

全てをクリアしたアーロンチェア専用の素材で作ったものがペリクルサスペンションです。

アーロンチェアに座っていてお尻が痛いや太ももが痛いという人は、慣れの可能性もあるので新品の状態より使い込むことでより座り心地が良くなってもいきます。もちろん人によっては合わないこともありますからちゃんと試した方が良いですが、サイズ選択が合っていないと痛くなります。

リクライニングのチルトメカニズムは最新のもので、身体にくっ付いてくるぐらいスムーズで、前掲も非常に良いポージングを保ってくれます。

アーロンチェアは逆に安いぐらいです
ハーマンミラー社の超有名ワーキングチェア「アーロンチェア」。今年から日本でも新型となるアーロンチェアリマスタードも発売しました。 実はこのアーロンチェアの価格、性能にしては安いものなんです。

見た目と動きと座り心地をすべて兼ね備えているのがアーロンチェアということですね。

理論が正しくしっかりしている仙骨を支えるサポート

背骨の腰椎(ランバー)をカーブさせるのではなく、仙骨をサポートするのがアーロンチェアです。それがポスチャーフィットです。

この機能は米国の有名整形外科医の発明とハーマンミラー社が協力して開発し、さらに特許をまで取得しています。アーロンチェアには仙骨と腰椎を両方カバーする「ポスチャーフィットSL」が搭載されています。

座って骨盤の仙骨部分を支えることで、背骨が人間の正常な形に近づくために本当に長時間座っていても楽です。曲がった猫背だと背骨や腰に負担がかかります。腰椎を押すのより、より自然で負担の少ないサポートです。

椅子に関しての歴史はハーマンミラー社はすごく長く、ランバーをサポートする機能を付けた今よく見かけるようなワークチェアは60年代にはすでに販売していたんです。

そうした長年の経験によりハーマンミラー社は先を進んでいます。

アーロンチェアリマスタードでは「仙骨と腰椎」の両方をカバーする設計となっています。なおさら良い。

この機構により人間の背骨を正しい形に近づけますので腰への負担が少ないです。

腰痛が治るということではなく、正しい背骨の形に近づけることで「背骨や腰が悪くなりづらい」という考えです。でもこれが最も大切です。

猫背や曲がった背骨の状態をし続けることにより背骨の変形や椎間板ヘルニアといった深刻な症状に悩まされることもあります。

【腰痛対策の椅子】座り仕事で腰が痛い人が選ぶべきオフィスチェア
座ってパソコン作業や書き物をする人にとってチェア選びは最重要です。 座っていると腰が痛くなったり、肩こりがしたりと様々な不調が起きます。 本当に選ぶべきワークチェア、ワーキングチェア選びをプロが教えます。

スムーズな動きを実現するチルトメカニズム

(2017年に名古屋で開催したアーロンチェアリマスタード展示会場での写真)

クラシックアーロンチェアから一新されたリクライニング機構は最新のチルトメカニズムを搭載しています。

カーボンファイバーの板ばね式を採用することで、座る人の体重に合わせてピッタリに調整できます。まるで自身の身体に背もたれがくっ付いてくるぐらいスムーズな動きします。

さらにカーボンファイバー素材を使うことで可動部の保証12年を実現しています。

手を前に出して作業するための前傾姿勢

人間は手を前に出すと4~5°ほど前に身体が傾きます。

するとせっかく背もたれのサポートがあっても手を前に出して作業をすることで背もたれと隙間が空き猫背になりやすくなります。

アーロンチェアには背もたれの角度を前に動かす「前掲チルト」があるため、背骨の逆S時は保ちながら健康的にパソコン作業などをすることが出来ます。

保証が長い なにせ12年保証

修理風景

保証が強すぎます、他のメーカーと比べてもダントツの長さです。

なにせ保証12年です。(ガス圧シリンダーは2年ですが、それでも他メーカーの平均で二倍)

これは、保証期間内に直しまくるつもりではなくそれだけ耐久テストをしているので自信の表れです。

私も米国ミシガンにあるハーマンミラー本社でのテストラボを案内してもらい、耐久テストをしている光景を見てきたのですが相当なテストをしているのを確認しています。

例えば座面に150kgの重りを十万回落とすとかすごいです。

耐荷重も158kgまで想定されていますし、この頑丈さと保証の長さだけでもコストパフォーマンスが最も良いワークチェアになりますね。(Aサイズは136kgまで)

ハーマンミラー米国本社 デザインヤードに行った話
ミシガン州グランドラピッズにあるハーマンミラー米国本社に行ってきました。 デザインヤードというメインサイトの一つの話です。

北米の大きな体格の人たちが使うことも考えていますので、日本市場ではオーバースペックなぐらいの頑丈さです。

そうは言ってもイレギュラーな動かし方をするのが人間ですので正し使い方は必要です。

それに、保証12年は長すぎるので保証には多くの要件があります。

もっとも経験もあり信用できる正規販売店で買うのがベストですね。

ハーマンミラーメンテナンスに行った時の話
ハーマンミラー製品を修理するのに「ハーマンミラーメンテナンス」が存在します。 日本で唯一のハーマンミラーの家具を修理できる存在です。そこに行ったことがあります。

多くの人たちに使ってもらえるように3サイズ展開

かといって北米サイズのワークチェアではありません。特にアーロンチェアリマスタードは日本人やアジア人も含めて設計されているので、ちゃんと身長体格に合わせてアーロンチェアは大抵の人が合うはずです。

その為のA、B、Cサイズの3サイズ展開です。アーロンチェアの大きさごと変えて製造をしています。

他のメーカーはワークチェアを製造する際に、座面の角度調整などで幅広い身長体格に向けて使ってもらえるようにします。

でも座面や背もたれの調整だけでは限界があるために、アーロンチェアは超大変なのにサイズごとで大きさを変えて製造しています。

これにより成人の99パーセンタイルの人に合うように設計されています。

私の顧客たちのほとんどは日本人ですがみなピッタリで気に入ってくれています。日本人に合わないなんてことありません。

日本人だとAかBサイズが多いですかね。

アーロンチェアのサイズについて誤解があるのでは
リマスターされた新型アーロンチェアになってもクラシックアーロンチェアに引き続き3種類のサイズ展開となっています。 Bサイズがミディアムと表記されていることもあり、「迷ったらBサイズを買っておけば良い」という考えがあるかもしれませんがお勧めしません。 身長体格はひとそれぞれ、そんな話をアーロンチェア販売歴10年以上の私が書きました。

デザインが良く洗練されている

アーロンチェアのコーディネート

見た目ですが重要ですよこれは。

見た目がダサいとテンションが下がりますし空間が格好良くならないです。座りたくなるというのも必要な要素です。

毎日見るものですから自身の美的センスに関わってきます。毎日見ても飽きず、それでいて良い物を置いているという満足感が得られます。

これほどどんな空間でも存在感を発揮させ調和も取れるデザインは素晴らしいです。

個人宅で使っても法人オフィスで使っても、その空間自体の魅力向上をされるのがアーロンチェアのデザイン力です。

それに、アーロンチェアを使っていると良い意味で目立ちもしますので、人から見られた時の印象が随分違います。「良い物使っているから良い仕事してそう」という印象も与えるかもしれませんね。

これほど良い動きと座り心地でありながら、分解や修理まで考えた構造に、製造もトヨタ生産方式が出来るほど練り込まれています。耐荷重も158kgまでOKという頑丈さ。それでていてのこのデザイン力ですからもうレベルが違いすぎます。コストも流通も考えてこそのデザインです。

しかし有名なだけに誤った認識が多いのがアーロンチェアです。

アーロンチェア光景

これだけは知ってもらいたのですが、ただ展示されているのを座っただけで評価を下すのは早いです。

アーロンチェアをちょっと座ったぐらいでは判断しづらい部分があります。

正しく使ってこそ真の価値がわかる椅子です。

アーロンチェアや座ることに精通した人物にレクチャーを受けて、本当に良い物かどうか、そして自分に合うかどうかが伝わるはずです。

それでも、何となく使ってもアーロンチェアの素晴らしさは体験出来ます。それはもうもちろん。それだけ優秀な椅子ですから。

そのアーロンチェアの最高さをもっと体感するために必要かなと考えます。

その為にワークチェア選びは、信用できるプロフェッショナルなパートナー選びでもあります。

後悔のない買い物をしたいものです。

そして誤解が多いのもアーロンチェア

アーロンチェア風景

アーロンチェアなんかは有名すぎて、あまりに過剰に期待されすぎてネットショップのレビューなんかはひどいものがあります。

「肩こりが治りませんでした ☆1 」とか、魔法じゃないんですから治るわけありません。肩凝りは椅子に座ったぐらいでは解消されません。

理解しずに買って期待する効果が得られないと叩かれます。

(でも私は肩凝りがなくなるようにアドバイスをすることが出来ますので、アーロンチェアを買ってもらったうえでそちらも解決できます。)

アーロンチェアに座るようになってから肩こりがひどくなったという人は、姿勢を良くすることに集中するあまり、背中や肩が動かずガチガチになってしまっている可能性があるのと、その正した姿勢にディスプレイの位置が合っていない可能性が高いです。椅子だけでなく全体で調整してください。正しく使えるようにフィッティングしてください。

【必読】アーロンチェアで腰痛が治るのか?真相を書きました【誤解を解く】
最近新型のリマスターされた「アーロンチェアリマスタード」も発売した名作アーロンチェアには、”座ると腰痛が治る”という評判がインターネット上では数多く見受けられます。アーロンチェア優れた至高のワークチェアですが、実際に座るだけで腰痛が治るのでしょうか?その真相と販売している側の見解を書きました。

「アーロンチェアに座っていると疲れる」や「アーロンチェアは合わない」といった人たちもいます。

もちろん全員に満足させるなんてことは難しいのですが、これも誤解の場合があります。

今まで歪んだ姿勢や身体に負担がかかる座り方をしていた人達は、それに慣れてしまい正しい人間の形に違和感を感じてしまっているんです。中には「アーロンチェアが合わないから胡坐をかいている」という人もいましたが、これはもう歪んだ姿勢が普通だと勘違いしてしまっているんです。

これも詳しい人にヒアリングしつつレクチャーしてもらって身体や姿勢を判断してもらったほうが良いです。そもそもワークチェアは自己判断で入手するのではなく、用途にあうかどうか判断してもらって選ぶのが良いです。

「アーロンチェアに座ると腰痛になる!腰痛が悪化した!」なんて機能はありません。

腰痛になるなんて機能を持った椅子を売るメリットがありません。そんなもの売っていたら私の評判も下がります。

いくらアーロンチェアでもすでに腰の限界が来ている人や、それ以前にちゃんとした座り方をしていないのなら身体はもっと悪くなっていくでしょう。

有名すぎて批評非難する人がいるんです。

私は独立開業して一人で商売をしていますから、そんな私が悪いワークチェアを売っていたら私の将来自体も無くなります。だから良い物を販売したいんです。粗悪な製品だったら私自体が信用されなくなります。

それに個人的に悪い人たちや不正を働く人たちと付き合いたくはないです。

ということで、私は数あるワークチェアの中でアーロンチェアは素晴らしい選択の一つとして販売しているわけです。

実際私自身一日8時間以上座ってPC作業したりしますし、それこそ休まないのでほぼ毎日座り仕事です。それでも身体が無事なのはハーマンミラー社のワークチェアのおかげと、自分自分の理解のおかげです。(あと筋トレ)

快適に座ってPC作業をするためには運動や筋トレが必要
椅子に座って長時間のパソコン作業をすると腰痛や肩こりや疲労に悩まされます。 解決する方法として優れたワークチェアに座ることが必要ですが、それだけでは不十分かもしれません。 人間は身体を動かしてこそ健康的な生活を送れます。

「アーロンチェアは高すぎる」や、「アーロンチェアはなぜ高いのか」という質問に対しては、”性能にしては安いです。”と答えます。

アーロンチェアは逆に安いぐらいです
ハーマンミラー社の超有名ワーキングチェア「アーロンチェア」。今年から日本でも新型となるアーロンチェアリマスタードも発売しました。 実はこのアーロンチェアの価格、性能にしては安いものなんです。

自分の健康状態にも関わることですからケチったところで。という話です。

どこで買うべきか

(ハーマンミラー社の他のワークチェアも展示販売しているのがいいですね。)

アーロンチェアは良いものですが、ただ座るだけでももったいないかもしれませんね。

使い方を理解してこそ優れたさらなるパフォーマンスは発揮します。

どこで買うか迷ったらですが、大前提として購入する際は必ず「ハーマンミラー正規販売店」です。(正規販売代理店じゃなくても正規販売店で大丈夫です。正規販売店、代理店、正規販売代理店とごちゃごちゃになっています。)

アーロンチェアを買うべきお店はこんな感じです。

・実店舗がありちゃんと経営していてる

・アーロンチェアを各種展示している

・エルゴノミックアドバイザーがいる

それにくわえて個人的な悩みや問題まで解決できる、アフターフォローも理解しているというのも加えてるとなお良し。

ネットショップで買う場合ですが、上記条件を持ったお店のオンラインショップが良いですね。ここに当てはまらないお店はお勧めしません。

保証の問題がありますし、何より何かあった時に頼れる存在として行ける場所にあるというのも大切です。完全に遠方だと何かあった時に無視されてもどうしようもなくなっちゃいますから。

ちなみに宣伝をしておきますと基本的に私はベストな選択肢のひとつです。全国どこでも注文を受け付けています。

アーロンチェアでわからないことや答えられない疑問や質問はほぼありませんし、個人の座り仕事での悩み解決からフィッティング・姿勢相談までちゃんとできます。腰痛解消や肩こり解消まで出来る限り頑張ります。

ECから購入していただく方には、希望があれば電話やメールや動画チャットで相談に乗りますし資料も一緒にお渡しします。

アーロンチェアを買うなら絶対ここ【ハーマンミラー正規販売店】
アーロンチェアを店舗でもオンラインでも買うなら愛知県名古屋市にあるハーマンミラー正規販売店のcase study shop NAGOYAがベストです。 その理由を書きましたのでぜひお読みください。全国どこからでもお勧めです。

愛知県名古屋市栄のハーマンミラー正規販売店 | case study shop NAGOYA
ミッドセンチュリーとイームズの専門家がミッドセンチュリーデザインを中心に優れた知識と提案をしています。個人法人問わずアーロンチェア リマスタードのご購入は当店が最高です。愛知県名古屋市のハーマンミラー正規販売代理店。

また、ハーマンミラー社の他のワークチェアが気になる人は下記をご覧ください。

【プロ監修】エンボディチェアの本当の使い方と”絶対”知るべき注意点
ハーマンミラー社の傑作ワーキングチェアのひとつに”エンボディチェア”があります。 独創的なデザインは座り心地も良くリラックスした後掲姿勢が出来ることで長時間のPC作業に向ています。 本当の価値を書くとともに、絶対に知っておくべき注意点があるのもエンボディチェアです。
【必読ワーキングチェア選び】ミラ2チェアの役割と性能
ハーマンミラー社のワークチェアは数多くラインナップされています。その中でミラ2チェアは他のワークチェアに比べて何が良いのか伝わりづらいかもしれません。アーロンチェアと比べて何を目的に選ぶべきか本当のレビューを書きました。 ハーマンミラー正規販売店を経営している人物が書きました。
【プロが書く本当の魅力】ハーマンミラーのセイルチェアは低価格で高性能
ハーマンミラー社から2011年から国内販売されているセイルチェアは同社の中で最もロープライスなワークチェアです。 値段にしてはかなりレベルの高いチェアなので、個人宅でも法人でも多くに選ばれています。 実際に何が良いのか、そして気になる部分、軋み音の本当の話を書きました
【必読】ハーマンミラーのセトゥーチェアは用途を選びます
ハーマンミラー社のチェアのラインナップにはアーロンチェアやミラ2チェアなどと並んで”セトゥーチェア”という製品が存在します。 一見するとワーキングチェアの一つですが、これは個人用の椅子というものではないので用途を考えたほうが良いです。 そうした誤解があるので説明をしました。

ハーマンミラー社の最新オフィスチェア「コズムチェア」が新発売されました。

【Cosm Chairの性能紹介】ハーマンミラーからコズムチェアが新発売
ハーマンミラー社から最新オフィスチェアのコズムチェアが新発売されました。 cosmの性能と紹介、実物展示に試しながらの特性とレビューとそしてローンチパーティーのレポートをお届けします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




コメント

  1. より:

    「その椅子に精通した人のレクチャーを受けながら何年も座らないと良さがわからない」とのことですが、ほかのワークチェアに関しても同様の過程を踏んでいるのでしょうか?

    もしほかのワークチェアに関しても同様の審査をしているのであれば信頼できるのですが…。

    • takayukiogiso より:

      なるほど、仰る通りですね。ハーマンミラー社以外のワークチェアのことを指しているのだと思うのですが、それだと確かに世界中すべてのワークチェアにそうしないと判断は出来ないととられますね。誤った書き方をしました。コメントありがとうございます。