【プロが書く】アーロンチェアは本当に良いものか?【真相】

アーロンチェア一覧

(http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/performance-work-chairs/aeron-chairs.html)

アーロンチェアといえばハーマンミラー社の代表作であり、超有名ワークチェア(ワーキングチェア)です。

人生で見たことが無いという人は少ないでしょう。何せ1994年の発売以来750万台以上の販売実績があります。

そんなアーロンチェアは実際にどうなのか、良いものなのか、気になる人はたくさんいるはずです。

このあいだ発売したばかりのアーロンチェアリマスタードも気になるところでしょう。

1994年に発売されたアーロンチェアが、発売23年を経て新型が登場しました。 世界的に有名な高機能ワークチェアをすべてアップデート。アーロンチェアリマスタードとして発売されました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




実際にアーロンチェアは良いものかをプロの目から書きます

でも、まず先にお断りをしますが、私はアーロンチェアを製造しているハーマンミラー社の正規販売店を経営しています。しかも自分がエルゴノミックアドバイザーで、販売実績も数多くあります。エルゴノミックアドバイザーは2014年最初の認定者ですから、最も長いアドバイザーの一人です私は。

さらに2018年9月にはハーマンミラー社のアンバサダー(大使)ともなりました。

プロってそういうことです。

話題のアーロンチェアリマスタードが1/25から日本で限られた店舗だけの先行販売が始まったときには事前に研修がありました。

私以外はそりゃ比較にならない会社さんばかりでした。それでも数少ない先行販売に参加できたのは、私を規模ではない部分で認めてもらっていたからだと思います。 (比較できるはずもなく私は1人でお店をやっている存在なので一番小さいです。)

そんな私がアーロンチェアの評価を書いたところで「販売しているやつが言うことなんだから信用出来ないよ!」というのもわかります。

でも違うんです。私も良いと思っているから販売しているんです。

ハーマンミラー社の正規販売店になることは簡単には出来ないですし、厳格なので良識にしたがって販売する必要があります。知識も必要。研修もあります。保証対応も複雑で長い。

さらに、ハーマンミラー製品をすでに販売をしている既存の会社たちが強すぎるので、新規参入できたとしてもどうにでもなるものじゃありません。1人でなんてまず無理です。

でもやっぱりアーロンチェアはレベルが高く素晴らしい椅子なのでそれを販売したいんですそれもちゃんと正規販売店としてです。 

アーロンチェア(リマスタード)の何が良いのか、正直に書きます。

機能や使い方については公式のページがありますからそこを見ていただければOKです。そこには書かれていない正直な話です。

アーロンチェア風景

(https://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/Aeron%20Chairs#)

デザインが良く洗練されている

いきなり見た目ですが重要ですよこれは。

見た目がダサいとテンションが下がりますし、空間が格好良くならないです。座りたくなるというのも必要な要素です。

毎日見るものですから自身の美的センスに関わってきます。毎日見ても飽きず、それでいて良い物を置いているという満足感が得られます。

これほどどんな空間でも存在感を発揮させ調和も取れるデザインは素晴らしいです。

個人宅で使っても法人オフィスで使っても、その空間自体の魅力向上をされるのがアーロンチェアのデザイン力です。

それに、アーロンチェアを使っていると良い意味で目立ちもしますので、人から見られた時の印象が随分違います。「良い物使っているから良い仕事してそう」という印象も与えるかもしれませんね。

座り心地が快適かつ座っていてもお尻が痛くなりづらい

ペリクルの写真

背と座に使われているメッシュ状の素材「ペリクルサスペンション」は、他のメッシュワークチェアとは一線を画しています。

座ると均等に荷重が分散して、一箇所に体重がかからずに長時間の着座姿勢でもお尻や太ももが痛くなりづらいです。

最新のアーロンチェアリマスタードでは部位ごとに張力を変えるなど最新の技術が使われており格段の座り心地を提供しています。滑りづらくもなっていることも評価点です。

たまにメッシュの椅子は座り心地が悪いなんていうことを聞きますが、それはそのメッシュの椅子のことでしょうね。メッシュの椅子=アーロンチェアではありません。メッシュ椅子のカテゴリーにアーロンチェアを入れるのはあまり感心しません。アーロンチェアはアーロンチェアです。

アーロンチェアに座っていてお尻が痛いや、太ももが痛いという人は慣れもあるのと、新品の状態より使い込むことでより座り心地が良くなってもいきます。

もちろん人によっては合わないこともありますからちゃんと試した方が良いです。

リクライニングのチルトメカニズムは最新のもので、身体にくっ付いてくるぐらいスムーズで、前掲も非常に良いポージングを保ってくれます。

ハーマンミラー社の超有名ワーキングチェア「アーロンチェア」。今年から日本でも新型となるアーロンチェアリマスタードも発売しました。 実はこのアーロンチェアの価格、性能にしては安いものなんです。

見た目と動きと座り心地をすべて兼ね備えているのがアーロンチェアということですね。

理論が正しくしっかりしている仙骨を支えるサポート

ポスチャーフィットSL

腰椎(ランバー)をカーブさせるのではなく、仙骨をサポートするのがアーロンチェアです。それがポスチャーフィット。

この機能は米国の有名整形外科医の発明とハーマンミラー社が協力して開発し、さらに特許をまで取得しています。

座って骨盤の仙骨部分を支えることで、背骨が人間の正常な形に近づくために本当に長時間座っていても楽です。曲がった猫背だと背骨や腰に負担がかかります。腰椎を押すのより、より自然で負担の少ないサポートです。

椅子に関しての歴史はハーマンミラー社はすごく長く、ランバーをサポートする機能を付けた今よく見かけるようなワークチェアは60年代にはすでに販売していたんです。

そうした長年の経験によりハーマンミラー社は先を進んでいます。

アーロンチェアリマスタードでは「仙骨と腰椎」の両方をカバーする設計となっています。なおさら良い。

この機構により人間の背骨を正しい形に近づけますので腰への負担が少ないです。

腰痛が治るということではなく、正しい背骨の形に近づけることで「背骨や腰が悪くなりづらい」という考えです。でもこれが最も大切です。

猫背や曲がった背骨の状態をし続けることにより背骨の変形や椎間板ヘルニアといった深刻な症状に悩まされることもあります。

座ってパソコン作業や書き物をする人にとってチェア選びは最重要です。 座っていると腰が痛くなったり、肩こりがしたりと様々な不調が起きます。 本当に選ぶべきワークチェア、ワーキングチェア選びをプロが教えます。

保証が長い なにせ12年保証

これが強すぎます、他のメーカーと比べてもダントツの長さです。

なにせ保証12年です。(ガス圧シリンダーは2年ですが、それでも他メーカーの平均で二倍)

これは、保証期間内に直しまくるつもりではなくそれだけ耐久テストをしているので、「壊れないでしょ」という自信の表れです。

私も米国ミシガンにあるハーマンミラー本社でのテストラボを案内してもらい、耐久テストをしている光景を見てきたのですが相当なテストをしていますよ。

例えば座面に150kgの重りを十万回落とすとかすごいです。

耐荷重も158kgまで想定されていますし、この頑丈さと保証の長さだけでもコストパフォーマンスが最も良いワークチェアになりますね。(Aサイズは136kgまで)

ミシガン州グランドラピッズにあるハーマンミラー米国本社に行ってきました。 デザインヤードというメインサイトの一つの話です。

北米の大きな体格の人たちが使うことも考えていますので、日本市場ではオーバースペックなぐらいの頑丈さです。

かといって北米サイズのワークチェアではありません。特にアーロンチェアリマスタードは日本人やアジア人も含めて設計されているので、ちゃんと身長体格に合わせてアーロンチェアは大抵の人が合うはずです。

そうは言ってもイレギュラーな動かし方をするのが人間ですので正し使い方は必要です。

それに、保証12年は長すぎるので保証には多くの要件があります。

もっとも経験もあり信用できる正規販売店で買うのがベストですね。

アーロンチェア光景

しかし有名なだけに誤った認識が多いのがアーロンチェアです。

これだけは知ってもらいたのですが、ただ展示されているのを座っただけで評価を下すのは難しいです。

アーロンチェアをちょっと座ったぐらいでは判断しづらい部分があります。

正しく使ってこそ真の価値がわかる椅子です。

アーロンチェアや座ることに精通した人物にレクチャーを受けて、本当に良い物かどうか、そして自分に合うかどうかが伝わるはずです。

それでも、何となく使ってもアーロンチェアの素晴らしさは体験出来ます。それはもうもちろん。それだけ優秀な椅子ですから。

そのアーロンチェアの最高さをもっと体感するために必要かなと考えます。

その為にワークチェア選びは、信用できるプロフェッショナルなパートナー選びでもあります。

だから私のお客さんたちは全員満足して最高の使い方をしてくれています。そのほうが本人にとっても良いですし、製品の正当な評価を周りに広めてくれます。

後悔のない買い物をしたいものです。

そして誤解が多いのもアーロンチェア

アーロンチェアなんかは有名すぎて、あまりに過剰に期待されすぎてネットショップのレビューなんかはひどいものがあります。

「肩こりが治りませんでした ☆1 」とか、魔法じゃないんですから治るわけありません。肩凝り椅子に座ったぐらいでは解消されません。

理解しずに買って期待する効果が得られないと叩かれます。

(でも私は肩凝りがなくなるようにアドバイスをすることが出来ますので、アーロンチェアを買ってもらったうえでそちらも解決できます。)

「アーロンチェアに座っていると疲れる」や「アーロンチェアは合わない」といった人たちもいます。

もちろんそうした人もいるのですが、これも誤解の場合があります。

今まで歪んだ姿勢や身体に負担がかかる座り方をしていた人達は、それに慣れてしまい正しい人間の形に違和感を感じてしまっているんです。中には「アーロンチェアが合わないから胡坐をかいている」という人もいましたが、これはもう歪んだ姿勢が普通だと勘違いしてしまっているんです。

これも詳しい人にレクチャーしてもらって身体や姿勢を判断してもらったほうが良いです。

「アーロンチェアに座ると腰痛になる!腰痛が悪化した!」なんてもはや言いがかりです。そんな機能を持った椅子を売るメリットがありません。そんなもの売っていたら私の評判も下がります。

有名すぎて批評非難する人がいるんです。

ハーマンミラー社と皆さんのために書きますが健全な企業ですよ。販売している私が言うんですから間違いありません。米国のハーマンミラー本社にも連れて行ってもらいましたし色々見ています。優れた会社です。

私は独立開業して一人でお金を稼いでいますから、そんな私が悪いワークチェアを売っていたら将来が無くなります。だから良い物を販売したいんです。

ということで、私は数あるワークチェアの中でアーロンチェアは素晴らしい選択の一つとして販売しているわけです。

実際私自身一日8時間以上座ってPC作業したりしますし、それこそ休まないのでほぼ毎日座り仕事です。それでも身体が無事なのはハーマンミラー社のワークチェアのおかげと、自分自分の理解のおかげです。(あと筋トレ)

椅子に座って長時間のパソコン作業をすると腰痛や肩こりや疲労に悩まされます。 解決する方法として優れたワークチェアに座ることが必要ですが、それだけでは不十分かもしれません。 人間は身体を動かしてこそ健康的な生活を送れます。

「アーロンチェアは高すぎる」や、「アーロンチェアはなぜ高いのか」という質問に対しては、”性能にしては安いです。”と答えます。

ハーマンミラー社の超有名ワーキングチェア「アーロンチェア」。今年から日本でも新型となるアーロンチェアリマスタードも発売しました。 実はこのアーロンチェアの価格、性能にしては安いものなんです。

結局

アーロンチェアは良いものですが、ただ座るだけでももったいないかもしれませんね。

使い方を理解してこそ優れたさらなるパフォーマンスは発揮します。

アーロンチェア、お薦めします。

どこで買うか迷ったらですが、その前に購入する際は必ず「ハーマンミラー正規販売店」へどうぞ。(正規販売代理店じゃなくても正規販売店で大丈夫です。代理店は小売りをしていないことが多いです。)

ネットや実店舗でも変な店が多くありますから買ってから困ったことになるより最初から正しい選択をしてくださいね。なにせ保証対応は購入した店を通るルールとなっているから一番重要です。

ちなみに宣伝をしておきますと名古屋には私がいますのでうちで買ってもらえる方はいつでもどうぞ。全国どこでも注文を歓迎しています。アーロンチェアでは最も実績があります。

ECから購入していただく方には、電話やメールで相談に乗りますし資料も一緒にお渡しします。

下記からどうぞ。実際アーロンチェアを買うならうちはお薦めですよ。

Herman MIllerとイームズの専門家がミッドセンチュリーデザインを中心に優れた知識と提案をしています。個人法人問わずアーロンチェア リマスタードのご購入は当店が最高です。ハーマンミラー正規販売代理店。

リマスターされた新型アーロンチェアになってもクラシックアーロンチェアに引き続き3種類のサイズ展開となっています。 Bサイズがミディアムと表記されていることもあり、「迷ったらBサイズを買っておけば良い」という考えがあるかもしれませんがお勧めしません。 身長体格はひとそれぞれ、そんな話をアーロンチェア販売歴10年以上の私が書きました。
最近新型のリマスターされた「アーロンチェアリマスタード」も発売した名作アーロンチェアには、”座ると腰痛が治る”という評判がインターネット上では数多く見受けられます。アーロンチェア優れた至高のワークチェアですが、実際に座るだけで腰痛が治るのでしょうか?その真相と販売している側の見解を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




コメント

  1. より:

    「その椅子に精通した人のレクチャーを受けながら何年も座らないと良さがわからない」とのことですが、ほかのワークチェアに関しても同様の過程を踏んでいるのでしょうか?

    もしほかのワークチェアに関しても同様の審査をしているのであれば信頼できるのですが…。

    • takayukiogiso より:

      なるほど、仰る通りですね。ハーマンミラー社以外のワークチェアのことを指しているのだと思うのですが、それだと確かに世界中すべてのワークチェアにそうしないと判断は出来ないととられますね。誤った書き方をしました。コメントありがとうございます。