アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

アーロンチェアじゃなくて「アーゴンチェア(Ergon Chair)」がありました

アーゴンチェア

– Ergon Chair –

デザイナー:Bill Stumpf  (ビル・スタンフ)

 

アーゴンチェア(Ergon Chair)は「アーロンチェア(Aeron Chair)」の誤表記ではありません。実際にアーゴンという名のワークチェアが存在していました。

アーゴンチェアは1974年にドン・チャドウィックがデザインをしてハーマンミラー社から発売されたワークチェアです。

アーロンチェアに名前が似ている理由はデザイナーが同じだからです。

 

アーロンチェアの生みの親の一人「ビル・スタンフ」のストーリー
アーゴンチェア、エクアチェア、そしてアーロンチェア。 ハーマンミラー社のワークチェアを常に進化させ続けたデザイナーであり、現在のワークチェアがあるのも彼らの功績です。 オフィスシーティングに革命を起こしたデザイナーは彼です。

 

スポンサーリンク

アーゴンチェアというハーマンミラー社のオフィスチェア

アーゴンチェアの写真

現物の写真はあまり持っていませんが、これがアーゴンチェアです。

写真の現物はアーゴン3チェアですね。

アーゴンチェアは1974年の初代の発売から、アーゴン2、アーゴン3と進化していました。

 

まだ現在のようなハーマンミラー社のオフィスシーティング思想になっていない時代の椅子ですが、90年代、00年代でもよく見かけたワークチェアに見えます。

けど、デザインは70年代からのものですから、かなり以前から同社はワークチェアの研究開発を行っていたことがよく分かります。

 

アーゴンチェアはハーマンミラー社の主力ワークチェアとして活躍をして、1984年にはドン・チャドウィックとビル・スタンフの共作であるエクアチェア発売後も両チェアとも人気を博していました。

 

そのうち、アーゴンチェアは製造が終了し、エクアチェアの販売を続けていたところに新しく生まれたのがあの有名なアーロンチェアです。

 

アーロンチェアのすべてがわかる【歴史から問題・誤解・裏話まで】
ハーマンミラー社による新型アーロンチェアは世界一有名かつ優秀なオフィスチェアですがその一方で誤解もあります。 本当の使い方や真のレビューとともに腰痛との関連性、誤りや誤解や疑問を解きます。これを読めばアーロンチェアが本当に良いものかすべてがわかります。アーロンチェア使用歴10年以上です。

 

それ以降はアーロンチェアの革新的なシーティングデザインに準じたラインナップに同社は変わったことでエクアチェアも製造が終了しました。

 

アーゴンチェアはあまり馴染みが無い椅子ではありますが、オフィスチェアの歴史の中ではこれがあったからアーロンチェアに辿りついたという需要なデザインです。

 

もしヴィンテージで見かけることがあったら興味を持ってみてください。

わりと座り心地は良いですよ。

 

【2021年最新】あなたへのおすすめワークチェアがわかる!最高の椅子選び【ハーマンミラー編】
座り作業のための最高の椅子を探している人にお勧めなのがハーマンミラー社のオフィスチェアです。 アーロンチェア、エンボディチェア、セイルチェアと長期保証高性能が目白押しです。 どれをどんな用途で選ぶべきか詳しく説明します。オフィスチェア選びの決定版!

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました