【プロが書く】セイルチェアは低価格で高性能な万能ワークチェア

セイルチェア

ハーマンミラー社のオフィスチェアといえばアーロンチェアが有名ですが、他にも優れたチェアはいくつも存在します。

その中の一つがこのセイルチェアです。

2010年にイヴ・ベアールのデザインによって生まれました。日本では2011年から発売されています。

 

このセイルチェアはハーマンミラー社の中で最も低価格なワークチェアですが、価格に対してパフォーマンスがすごく高いです

セイルチェアに関する多くのレビューや評価を読むより、この記事を読んでもらえた方が参考になるはずです。

 

スポンサーリンク

そんなセイルチェアの特徴とメリット、デメリットを書きます

セイルチェアは低価格なため、本当にこの椅子が最良の選択肢に入るのか悩むはずです。

セイルチェアは良いとこもありますし、良くないところももちろんあります。

本当の性能を紹介します。

 

フレームの無い3Dインテリジェントバックによるスリムな背もたれ

セイルチェアの背面

人間の自然な背骨の形である逆S字の背骨に”腰を深く入れて座るだけ”で近づけることが出来ます。

誰が座っても小さな背もたれは肩甲骨から肩への自由な動きを促進します。肩こり対策にぴったり。座ったままストレッチをすることもできます。

身体の背中の可動も自由で、かつ背骨も正しい形になるということで健康的に座り作業が出来ます。

身体を動かすオフィスチェアです。

 

【腰痛対策の椅子】座り仕事で腰が痛い人が選ぶべきオフィスチェア
座ってパソコン作業や書き物をする人にとってチェア選びは最重要です。 座っていると腰が痛くなったり、肩こりがしたりと様々な不調が起きます。 本当に選ぶべきワークチェア、ワーキングチェア選びをプロが教えます。

 

シンクロナスチルト機構搭載

身体の動きに合わせてスムーズに動くチルト(リクライニング)メカニズムはリラックス姿勢をとるのにも最適。後掲姿勢も違和感なくすることが出来ます。

さらに前掲機能(シートアングル)が付いており、手を前に出して作業するときに自然に背骨をサポートします。アーロンチェアと同じ機能です。

常に背もたれは背骨の形をサポートして作業をすることが出来ます。

 

複数人でサイズを共有できる

セイルチェア座面

座面の奥行を調整することで体格の違う複数人で使いまわすことが可能です。身長の違う人たちで共有することが可能です。

写真の並んだセイルチェアの座面をご覧ください。左のグリーンより右のレッドの方が座面が前にスライドしていますよね?

背もれが小さいことも幸いし、身長に関わらず誰でもスリムな背もたれを心地よく使うことが出来ます。

 

保証期間が12年

セイルチェア動く

これは圧倒的ですね。

この価格帯でこれほど保証が長いワークチェアはありません。

それだけの耐久テストをしての販売ですので、158kgまでの重さが座っても大丈夫です。ガス圧シリンダーは他のワークチェアと同じく2年です。

仮に12年間使用した場合、年間で六千円ちょいの計算です。このコストパフォーマンスの高さは他社と比べても素晴らしすぎます。

 

逆に気になるところは

・体重が軽い人はリクライニングが動かしづらいです。最大までリクライニング(チルト機能)を緩めても背もたれが自然に動かないケースがあります。体重が40kgに近い人はご注意ください。

・肘掛の性能をもっと求めるのなら別のワークチェアのほうが良いかも知れません。

・座面はウレタンクッションです。通気性を求めるとちょっと違うかもしません。

・仙骨を調整するパーツは無いです。

・お尻にポケットが付いた服装をして座るとセイルチェアの背もたれのアミアミに引っかかりまくります。

・一部使い方に注意をしないと劣化してダメになってしまうパーツがあります。

 

 

ところで、個人でワークチェアを選ぶときにどういった条件でセイルチェアを選ぶと良いかですが。

 

それは、どれだけ自分がワークチェアに性能を求めるかです。

アーロンチェアと比べたらそりゃあそっちの方が断然に機能や性能が高いです。値段が違いまぎますから。

 

アーロンチェアのすべてがわかる【歴史から問題・誤解・裏話まで】
ハーマンミラー社による新型アーロンチェアは世界一有名かつ優秀なオフィスチェアですがその一方で誤解もあります。 本当の使い方や真のレビューとともに腰痛との関連性、誤りや誤解や疑問を解きます。これを読めばアーロンチェアが本当に良いものかすべてがわかります。アーロンチェア使用歴10年以上です。

 

例えば別のジャンルだと思って比べてみてください。

車を買う時に、「この車はすごく早く走るんですよ!機能もすごく多彩で長距離もばっちりで加速も最高!」とスポーティーな車を薦められても、自分が街乗りぐらいにしか使わないのであれば必要ないですよね。

一日1時間ぐらいしか座らないという人にアーロンチェアが必要か?といった考えです。

当然アーロンチェアを購入することが出来たらベストなのかもしれませんが、それほど椅子を使わないのに20万近く予算を出せるのなら良いですけど、そんなことないですよね。

お金の支払い方は適材適所があります。目的に合わせて選ぶのがベストです。予算があります。

あと導入としてセイルチェアを選んでおいて、後でランクアップしたくなったら買い替えでも良いかも。

 

それからナイーブな話題として、セイルチェアは”きしみ音”がすごいという評判を見ます。

 

先に答えをお伝えしますと、セイルチェアは特別軋むようなワークチェアではありません。誤解です。

使い続けることで常識的な軋み音はなりますよ。それはどんなメーカーのワークチェアでもあります。

しかし、セイルチェアの軋み音は相当なものだとネットでも書かれています。

これには理由があるんです。

最初日本で新発売した時にセイルチェアはねじ部分に不具合がありました。

そのため初期不良品が流通する結果になってしまったんです。

その不具合により異常な軋み音が鳴っていたわけです。

ミスはミスとして、初期不良品はすべて無償で回収や修理をしましたので問題は解決しました。

その後ねじ部分を改修したものを流通させていますので現在ではその問題は起きていません。

その時の影響からセイルチェアのきしみ音について書かれるようになったんです。

 

初期以降の納品じゃなくて2013年以降もそうしたケースがあると報告されているのですが、それは初期不良品が納品されたからでしょうね。お店に在庫が残っていたら出荷されるでしょう。

しかし、本来、初期不良品はちゃんと修理なり交換なりの対応しないといけないので、それをせずにそのまま初期不良品を売るというのがよくわかりません。まともな正規販売店ならするわけないです。

 

それから中古を買った人はもちろん不具合品にあたる可能性があります。中古は初期不良のまま流通しているでしょうから。

 

ちなみに、自分でセイルチェアを分解したりしないでくださいね。

正規販売店で買った人たちは理解をしていると思いますが、分解すると正規保証が受けられなくなります。基本的に何でも買った店に相談するのがルールですから、黙って分解するのは謎の行為です。普通は買った店や人に相談をするものです。

 

今私もセイルチェアを販売して9年目ですが特に問題なく販売をしております。

それにもしセイルチェアに軋みが鳴っても私は直せますし何とかできますからね。

 

手軽に長く使えるワークチェアとして最上の選択肢の一つがこのセイルチェアだと考えています。

 

セイルチェアが欲しい、という方はもっとも信頼できてサービスも良いハーマンミラー正規販売店がありますので下記リンクからどうぞ。私がやっているお店なので安心です。

セイルチェアの使う上でいくつか注意点がありますのでそこをちゃんとお伝えします。保証対象外の部分で気を付ける部分があるんです。資料を作っています。これ知っておいた方が良いですよ。

特注セイルチェアも在庫を用意してすぐに出荷できるサービスもしています。日本全国どこでも搬入設置して段ボール回収までやっています。

 

下記リンクからご注文ください。私が手配します。本来だったら納期が2~3ケ月かかる特注カラーも在庫を用意しています。まとめ買いも歓迎ですよ。50台ぐらいすぐに納品もできます。

すぐに出荷可能なワークチェア case study shop NAGOYA
すぐに出荷可能なワークチェア

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました