問題だらけ!「リプロダクトとは」「ジェネリック家具とは」

正規品とコピー品

チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソン、ル・コルビジェ、ミース・ファン・デル・ローエ、etc…多くの伝説的なデザイナーにより優れた家具デザインが世に残っています。

その多くは名作家具として何十年以上も長い期間販売をされつづけ、それぞれ正規品が存在し、正規メーカーが製造販売を続けています。

そんな有名なデザインに正規メーカー以外で似たデザインの家具が格安で販売されている光景を目にする機会が増えました。

それらは「リプロダクト」や「ジェネリック家具」と名付けられて販売されています。

リプロダクトとは:

デザイナーにより作られた製品の多くには意匠権が登録されています。 リプロダクト品とは、意匠権の期限が切れた製品を、オリジナルデザインを元に出来るだけ忠実に復刻生産した製品です。

こんなような説明をされていることが大半です。

リプロダクトには様々な説明のされ方があり、「ライセンスが切れている」だの「版権が切れている」といった曖昧な説明をしているケースも見ます。果たしてライセンスとは版権とは何を指しているのか意味が不明です。

ジェネリック家具は後発医薬品のジェネリック医薬品から名づけられた名称ですね。

特許が切れた薬品という部分を意匠権が切れたにかけて名付けたのでしょう。

追記:デザイナーズ家具という名称も模倣品の物としてつけられています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




リプロダクト家具、ジェネリック家具は果たしてその説明のとおり問題のない製品なのでしょうか。

最後まで読んでください。

先に結論を書きますが、リプロダクト家具、ジェネリック家具とは脱法ドラッグ(危険ドラッグ)みたいなものです。合法といえば合法かなという感じです。法的な定義がないからです。

ようは法にさえ触れてなければ何でもいいだろうという代物です。(実際には法に触れているケースもあります。)

相手の弱い部分を突き、自己の利益のみ追及しているものですので、リプロダクト品には非常に多くの問題点があります。

①商標権の侵害をしている販売です

例えばイームズシェルチェアに代表されるようなイームズ夫妻のリプロダクト品ですが、普通に商標権の侵害です。

リプロダクト家具、ジェネリック家具、デザイナーズ家具といったら模倣品が大量に出回っています。 意匠権が切れている、ライセンスが切れているなどいろんな説明で合法アピールしていますが、実際には商標権の侵害をしているので不正な製品です。 リプロダクトとは何かをよく理解してください。

つまり、ヴィ〇ンやエル〇スといったコピー品のバッグと同じということです。違法な売り方の家具です。

だからイームズのリプロダクトは合法なんて評価は完全に間違いです。

合法だし問題のないものだと信じていた人たちには衝撃でしょうね。

あなたはリプロダクトのヴィ〇ンの鞄を購入するのですか?

②意匠権が切れているというかそもそも登録されていない

「日本の意匠法では意匠権は登録後20年で切れるから」という説明はミスリードです。

海外の家具デザインはそもそも日本で意匠登録されていないことがほとんどです。

意匠権が切れているというより”意匠権が無い”が正しいでしょうか。

だから20年前のデザインかどうかなんて関係ありません。マジス社のチェアワンのように2004年にデザインされた椅子がリプロダクトとして販売されているケースもありますし、最新の家具もリプロダクトとして販売されています。(私が見た中で一番新しいのはヴィトラ社のベジタル。)

意匠権で守られていないなら真似されてもしょうがないという考えは乱暴です。保護されづらいから困っているんです。

それに立体商標での保護はやろうと思ってできることではありません。

考えてみてください?

あなたの書いた絵がありまして、たまたまブログか何かで公開したとします。それがいつの間にかどこかの企業がその絵を勝手に利用してお金を稼いで自社のものとして活用していたのを見たらどう思いますか?そうですよね、その企業にあなたは文句を言いますよね。でも企業側はこう言うわけですよ、「なにそれ、その絵があなたが最初に書いたという証拠があるの?あったとしても、その絵はなにか保護されているものなの?」そう言われるわけです。

あなたはどうしますか?

③不正競争取引防止法に関わってくる

似たものを他社が販売しているということは、不正競争取引防止法に引っかかる可能性があります。そりゃあそうですよね。

特に「正規品に忠実」や「オリジナルよりクオリティが高い」といった正規品を貶める販売方法は問題です。

裁判しないとどうしようもないですけど。

④写真の著作権問題

よくデザイナーの写真を販売ページに使っているのを見ますが、写真が著作権で保護されている場合があります。

写真の著作権は”著作者の死後50年間保護”されますから、無断で利用することは著作権の侵害です。

デザイナーの写真やオリジナルデザインの写真は著作権が残っている場合があります。

⑤オリジナルデザイン自体の価値を貶める

せっかく優れたデザインの名作家具が、粗悪な模倣品のクオリティのせいで悪い評判が広まります。

『イームズの椅子がすぐ壊れた』なんてブログで発言している人を見ますが、それがリプロダクト家具だったりするわけです。

正規品の家具はそう簡単に壊れませんし、壊れても保証がありますので大丈夫です。

低品質な家具により、正規品の価値すらも貶められてしまいます。

⑥正規メーカーはライセンス料を払っている

デザイナー自体は亡くなっていても、その会社が残っていることもあり、また子孫が財団を設立してデザインを管理していることがほとんどです。ヴァーナー・パントンさんは妻のマリアンヌ・パントンさんがご存命ですし、二人の事務所でしたから特に問題です。

家具の復刻をするにしても、そのオリジナルデザイン自体や図面など所有している子孫側の了承が得られないと復刻品を作ることが出来ません。

そこで正規メーカーはロイヤリティの支払いをしています。

⑦オリジナルをもとに忠実に再現していない

そもそも何がオリジナルデザインかというのがあやふやです。

ヴィンテージのそれこそ最初に製造されたデザインを元にしているのならどうやってそれを入手してどう真似したのか疑問です。先述の話です。イームズハウスバードなんか絶対に無理ですからね。

実際には正規品が復刻している家具デザインを元にコピーしているだけです。

その証拠に、リプロダクト品のスペックが正規品の復刻品とスペックが同じだったりします。

ですが、正規品メーカーは逆にオリジナルからスペックを変えて販売している場合があります。オリジナルを忠実なら、ヴィンテージのオリジナルのスペックを真似していないといけません。

復刻品を真似して「意匠権が切れている」はひどい話ですね。

⑧人体に問題のないデザインか

正規品は環境に配慮した製造をし、人体に問題のない素材選び塗装を選択し、入念な耐久テストをしています。

厳格な基準によって安心して使用できる家具となっています。

安く作るということは、安く仕上げるということです。果たしてどこまで安全性を追求しているのか分かりません。すぐに壊れることで怪我をする恐れもあります。

⑨保証や修理はできるのか

保証があっても短い期間です。

それに、修理する際にはパーツが用意できないことが多く、修理不能となるケースがほとんどです。あくまで海外で製造されたリプロダクト家具を輸入して販売しているだけです。アフターフォローまでは難しいです。

正規品は長期の保証期間があったり、修理は当然できるようにしています。

⑩価格に根拠がない

あくまで正規品より安い値段設定をしているだけです。

名作家具にはリプロダクト品やジェネリック品と呼ばれる模造品が多く存在します。 疑問に思った人もいるでしょうが、販売されている模造品に価格差が随分とあります。 その価格の差は一体何かという話を書きました。
あの有名な大手家具屋。高級志向だったのが中価格路線でうまくいかなくなったとかなんだとか言われていますが、高級家具屋なのに正規品じゃないものを販売していますからね。高級家具屋を謳うのなら正規品のみにしてもらいたいです。

⑪作っている人たちはどんな人?

安く作れるということは、安く作れるような環境と労働があるから出来ることなんです。

健全な労働環境と賃金でしょうか。

⑫お金はどこに行く?

模倣品を作る業者が真っ当な会社だとは思えません。

稼いで得たお金はどこにどうやったところに流れているでしょうか?

ブランド品のコピー品はマフィアや暴力団と言った輩の活動資金になっていると聞きますね。

⑬著作物かどうか

この方が説明している内容がわかりやすいです。さすがプロ。

「そもそもXは著作物なのか」というのは著作権がらみの裁判でよく論点になります。特に、実用目的の大量生産品が著作物になるのかが問題です。大原則は、著作権は芸術作品を保護する法律であり、大量生産品は意匠権で保護すべきということなのですが、裁判所の判断には常にそうなるわけではありません。TRIPP TRAPPという椅子(下画...

リンクの弁理士さんが説明している状況と現在とで状況が変わったことがあります。

それは2016年にEUでは家具は著作物だと認定されたことです。

つまり、意匠権など関係なく、デザイナーの死後70年間保護されています。

これにより家具の写真撮影もドローイングも著作権が適応されるという厳しいものです。

だから余計にデザイン後進国である日本やアジアで模倣品を売りたいんですよ。デザインについて理解がある国ではもう模倣品が売れないからです。

以上がリプロダクト家具、ジェネリック家具の問題点です。

あとはみなさんが良識をもって適切な判断をしていただけると幸いです。

そしてこの問題の解決には正当な市場が必要です。

皆さんが価値あるものを価値のあるものとして評価する社会なら模倣品は駆逐されます。

正規品と模倣品、どちらを手に入れますか?

最後に私の考えを書きます。

以上は問題点ですが、私は意義や納得できる理由、価値があるのならば話は別だと思います。

ただの真似は当然利益のためのみなので無しです。

名作家具にはリプロダクトやジェネリック、レプリカといった正規品以外の家具が多く存在します。 意匠権が切れたや、ライセンスが無いなど様々な理由づけをして模造品が存在し、それらのことをリプロダクト品やジェネリック品と名付けています。 しかしリプロダクトやレプリカの意味とは違った使われ方をしています。正しい意味はなにかを書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告