「 店舗の経営や独立関係の話 」一覧

家具屋にとって日当たり良好物件は良いか悪いか

夏の日差しは強いです。紫外線も影響は家具にも影響します。 店舗にとって直射日光が当たる日当たり良好物件は良いでしょうか、それもと良くないでしょうか。店舗経営の経験から書きます。

記事を読む

家具の”在庫処分”や”展示処分品”といった”処分”という言葉について良く思いません

家具の展示処分品や、処分価格といった安売りする際に使う処分という言葉についてネガティブな印象を持ちます。 持論を書きました。

記事を読む

家具を販売する仕事は力仕事でもある?

家具屋、インテリアショップで働くには体力や力がいるのでしょうか。家具は重いものですから実際どうかの私見を書きました。

記事を読む

家具はいつか売れるだろうと夢見て販売し続けています

家具はヒットするまで時間がかかりますし、それは家具を販売する側も同じことです。 いつか売れるようになるまで頑張り続けます。そして、それが出来なくなった時の問題を書きました。

記事を読む

実店舗とオンラインショップで起きている矛盾

実店舗にはポイントがないのに、オンラインショップにはポイントがある。 お互い同じ店なのにサービスが違うという矛盾にどう考えているかという話です。

記事を読む

店前の道路の広さはすごく大事

家具屋・インテリアショップの店前の道路の広さは経営に関わってくるということがよくわかりました。 お客さんにとっても来やすいかどうかは大切です。

記事を読む

実店舗の価値は「どれだけ無理を聞くか」かもしれません

顧客の若干無茶な要望に応えられてこそこれから必要な実店舗だと思います。 人と人との商売ですから、考えて顧客に納得してもらうことが大切です。

記事を読む

消費税は預かったお金なので儲けではありませんよ

1人で仕事をしているような小規模の事業者へは消費税を払わなくても良いのでしょうか。 消費税の仕組みと事業者はどうしているか書きました。

記事を読む

2階でお店をやると困ること

ビルの二階以上でお店をやるといろいろ困ることがあります。 経営者視点でどうしても抜けてしまうところに、そもそもお客さん側が困るということがあります。

記事を読む

現場を分かっていないから余計に売れなくなる

お店の売り上げを上げるには現場を分かっている者が頑張るのが良いです。 現場をわからない者との問題を書きました。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告