アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

オンラインショップは夜に営業している方が良いかも

 

夜にオンラインショップで買う

私も家具やインテリアを販売するオンラインショップもやっているのですが、注文を頂けるのは夕方から深夜、午前に集中しています。

顧客属性的には「収入を得ている成人」ということになりますので、日中は働いていたり行動をしているからです。

 

販売している家具の性質上スマホで手軽にといった価格帯でもないため、落ち着いてパソコンから注文をしていただく感じです。

 

そうすると、オンラインショップで注文する側としては、夜間は普通お店が閉店しているため、質問したくて電話をしても出ませんしメールの返信も翌日になってしまいます。

本当はその場でパソコン画面越しに相談をして注文を決めたいのに、メールの返事が来るまで保留になりますし、もしくは翌日お店が営業している最中になんとか電話をして聞くしかありません。

 

だからオンラインショップは夜間に営業している方が便利なのではないでしょうか?

 

私は夜間でも深夜でもメールが来たら普通に返信するようにしています。(出来ない時はしませんけど)

商品購入についての相談連絡があるからです。

電話もたまにありますね。21時ぐらいまではかかってくることがあります。

たぶん電話をしているお客さん的にも出たらラッキーぐらいの感覚でしょうね。だって私が電話に出ると驚いたりしますから。

けど、そのまま電話で相談に乗って、そのままオンラインショップで注文をしてくれたりするので私としては嬉しいものです。

 

過去最も遅い時間に電話がかかってきたのは23時です。

電話がかかってきたときはビックリしましたけど、私が電話に出たら相手はもっとビックリしていました。なぜかけたし

たまたま私が電話に出れる状況に居たんですよね。

 

本当はオンラインショップを見ている人たちは、夜間にリアルタイムに情報を得たいのだと思います。

ということは、オンラインショップの運営は夜間にこそ営業した方が良いのではないでしょうか。

理想は24時間営業ですけどね。

 

無理がある。

 

私が夜間でも対応しているのは個人事業主だからです。残業という概念が無い。

 

これを会社が社員にやらせるわけにはいきませんからね・・・

 

しかし本来のオンラインショップというものは、画面の情報だけを見て完結するのが目的のはずです。

だから電話もメールもしない前提の販売方法でもあります。

 

けど、こと家具やインテリアについてはそうもいかないです。

買いきりの消耗品だったり、安いものや現物を見なくても分かる商品と違い、ある程度大きなもので長く使い続けるものですから何となく買って失敗するのも嫌なものです。

さらにインテリア相談もしたいし、カラーについてや素材についてなど聞きたいことがいっぱいあります。

 

だから家具販売業に置いて実店舗は重要ですからね。

実物が見れないならせめて相談をして質問や不安、疑問を解消したいものです。

 

ということはオンラインショップの部署の人は夜勤の方が良いのでは?とか思ってしまいます。

日勤と夜勤でネットショップを回した方が良いのでは?

すっごい大変。

 

そのうち完全なオンライン上での販売だけの世界になったら夜間対応は重要になるはずです。

 

今後どうなっていくのか答えはまだわかりませんが、今回の内容は私のようにそれなりの価格帯の家具などを販売するオンラインショップの場合に限った話かもしれませんね。

 

以上、ただの雑談みたいな内容でした。

思いつきでこんな記事書いても誰も興味ないし面白いとも思わないかもしれないですよね・・・

何となくな内容の更新は控えましょうか・・・

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

店舗の経営や独立関係の話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました