アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

ワークチェアの中古市場価格も高騰とセイルチェア中古品の見分け方

中古オフィスチェア達

コロナウイルスにより緊急事態宣言が出されて以降、企業もテレワーク/リモートワークが盛んになり、在宅で使用できる快適な椅子が急激に求められています。

特に高性能なワークチェアは求める人が増えたことで供給が追い付かず納品待ちの状態ともなっています。

 

2020年オフィスチェア品薄問題
コロナウイルスの影響により、以前からマスク、消毒液など衛生関連のグッズが買い占めや転売などにより、常に供給不足となり品切れが続いています。 デマによるトイレットペーパーの在庫切れがあったり、食べ物類の買い占めもあることでスーパ...

 

そんなワークチェアの中古市場も需要が随分増えているようですね。

各社の販売ページを見ても品切れの表示が並んでいます。

それとネットオークション類もワークチェアの需要が増えているようで取引が活発の様です。

 

それに、オフィスチェアが新品でもう在庫切れの状態でもあるので、中古でもすぐに手に入るのならといった需要も集まっているのだと思います。

 

ただあれですね、あれです、取引相場が上がっていますね!

以前まで3万円ぐらいだったオフィスチェアが今では5~6万円になっていたりしますし、軒並みオフィスチェア類は中古の流通相場がぐっと上がっています。

 

需要が増えているのでそれに対して価格も上がるというのは市場の原理として普通ではあります。

 

ただ、中には商品紹介部分の定価を偽って書いている場合があったり、アーロンチェアという名前なのに全然アーロンチェアじゃない物があったりしました。わかりそうなものですが・・・

ちゃんと価格として適正かどうかは確認が必要でしょう。

 

まぁもちろん良識ある中古業者が大半ですけどね。

一部業者と一部ネットオークションは注意が必要です。

 

数が少なくて欲しい人が多いのなら”高くしても売れる”というのは、昨今のマスクや衛生グッズなどを見ればわかります。

今までウェットティッシュは200円ぐらいで買えたのに、先日スーパーをみたら700円とかになっていましたからね。高すぎ。

 

でも私や、良識あるオフィスチェア正規販売店たちは値上げもせずにサービスも変えずに販売していますよ。どのメーカーでもそれは同じです。

さすがにオフィスチェアを定価より高く売るのはいけませんからね。

けどサービスが劣化しているところも見ました。人は人、うちはうちということで人の商売に口出したりはしません。

 

私の話になりますが、ハーマンミラー製品なんて2020年の1月に値上がりしたのに、価格を以前のまま据え置きということをしているのですけど、要はそのぶん値引き状態なんですよ。地味に辛いです。

でも今でも価格を定価に戻すこともなく以前と変わらず販売しています。(うちだけじゃなく大抵の正規販売店でそうしています)

需要があるのなら定価に戻して高く売っても良いのかもしれませんけど、そんな目先の利益のために不信感を与えるようなやり方をするのは先々損ですからね。

求める人には変わらない対応をするべきです。

 

それが今まで買ってくれたお客さんたちとこれからのお客さんたちへのフェアな対応だと考えています。

できる限り皆さんに納得してもらえるように頑張っているつもりです。

至らない点があるのは申し訳ないです。

 

 

さて、タイトルにある中古のセイルチェアの見分け方についてお伝えします。

今はあまりにもハーマンミラー社のセイルチェアの需要が多いので興味がある人も多いはずですから。

 

並んだセイルチェア

まず、セイルチェアの説明については以前の更新をご覧ください。

 

【プロが書く】セイルチェアは低価格で高性能な万能ワークチェア
ハーマンミラー社から2011年から国内販売されているセイルチェアは同社の中で最もロープライスなワークチェアです。 値段にしてはかなりレベルの高いチェアなので、個人宅でも法人でも多くに選ばれています。 実際に何が良いのか、そして気になる部分、軋み(きしみ)音の本当の話を書きました

 

セイルチェアは米国で2010年に発売し、日本では2011年5月に発売をしました。

 

上のリンクでも説明しましたが、セイルチェアの初期ロットには初期不良がありましたので、中古で買う場合2011年以前の個体は初期不良品ですので注意をしてください。

初期不良品でも修理対応されている個体なら良いかもしれませんが、そもそも現在までに9年近く経過していますから長く使えるかは不明です。

この初期不良品が明確にいつまでの製造ロットかは私も知りません。

2012年製造のものにあるのかないのか不明です。

分解して該当箇所を見たらわかるのですが・・・

 

この問題があったためセイルチェアは不良個所を改修することになりました。

不良が改修されている個体が一応それが2012年製からとしておきます。(先述の通り期間はあやふやです)

 

それからしばらくセイルチェアは特に変わりなく製造販売が続けられましたが、2017年の3月にアーム(肘掛け)の仕様が変更されました。

 

旧式アームレスト

↑まずこれが2017年2月以前のセイルチェアのアームレストです。

アームを一番上まで上げると下がるようになるという曖昧な構造でした。

 

最新アームレスト

↑そしてこれが2017年3月以降のセイルチェアのアームレストです。

サイドにレバーボタンが付いています。

このレバーを押している間だけアームレストが上下に動くようになりましたので使いやすさがぐっと上がりました。

さらにアームパッドの先端を短くしたことで、机に少しだけ当たりづらくなりました。

 

可動式アームレスト

余談ですがフルアジャスタブルアームという仕様が存在します。

アームパッドが前後左右に動くようになるのですが、これは受注生産仕様のため納期に2~3ケ月かかるもので、かつ追加予算¥8,000(税別)が必要です。

新品で10万円を超えるセイルチェアはこのアームパッドになっていることが多いです。

 

ということで、肘掛にボタンレバーが付いていたら最新仕様のセイルチェアと思ってもらって大丈夫です。

セイルチェアの中古価格も以上を参考にしたうえで適正な価格か考えてくださいね。

同じセイルチェアだからといって同じ中古価格だとは私は思いません。

 

中古のセイルチェアの大きな注意点は保証がないところです。

というより、ハーマンミラー社の製品は最大12年間という長期保証が売りですが、中古や譲渡品には保証がありません。

保証は正規販売店から購入をして、その正規店を通して保証を受けるのがルールとなっています。

だから中古に保証書が付いていても、その保証書によって無償修理を受けることは出来ません。

 

セイルチェアを中古で買って、それが壊れた時に有償修理に出した場合、故障個所によっては修理代金に何万円もかかってしまうことで、中古取得価格と合わせたら新品購入価格を超えることがあります。

だから中古のセイルチェアがどのぐらい長く使えるかが重要です。

それに、修理代が数千円で済むことはありません。なにせ送料がかかりますからね。保証修理は一切送料もかかりませんが、有償修理はメンテナンスへの往復送料も負担が必要ですから修理代と合わせると軽く万はかかります。

 

よく状態を見て、どういった用途でセイルチェアが必要か考えて、価格とのバランスをみて判断してくださいね。

 

【5/18追記とエンボディ、ミネラルカラー入荷情報あり】テレワーク/リモートワーク用に高性能なオフィスチェアを求める方への情報まとめ
新型コロナウイルス(COVID-19)に感染された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復と収束を心よりお祈り申し上げます。※この内容は随時更新されています。5/18現在も更新しています。現在テレワーク/リモートワークが

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました