ビル・スタンフのストーリー | 名作家具とデザインの話

ビル・スタンフのストーリー

彼のストーリーはハーマンミラー社のワークチェアのストーリーでもありますね。
アーロンの生みの親です。

Herman Miller Japan HPから http://storesystem.hermanmiller.co.jp/fs/hmjapan/c/bill_stumpf

Bill Stumpf (ビル・スタンフ)
1936 ~ 2006

1936年 彼はミズーリ州セントルイスで生まれました。

チャールズ・イームズと同じですね。

年数などもろもろ不明ですが、イリノイ大学を卒業しウィスコンシン大学を修了したそうです。助手として教鞭をとっていたって書いてあります。

1970年 彼がハーマンミラーリサーチコーポレーションにスタッフとして加わったところからハーマンミラー社との関係が始まります。

1972年 自身の事務所である”スタンフ・ウェバー・アソシエイツ”を立ち上げます。

1974年 「アーゴンチェア」をデザインしました。

ハーマンミラー社から彼の最初の製品でです。 (1976年とも書いてある場合があります)

Herman Miller HPより

これですね。Ergon Chairなのでアーゴンで合っています。写真は3です。アーゴン3。

1984年 ドン・チャドウィックと協力して「エクアチェア」をデザインします。

Herman MIller HPより

これですね。エクア2まであります。

1994年 そんなドンさんと再度ともに共同してデザインしたのがあの「アーロンチェア」です。

もはや説明不要のエポックメーキングですね。

2006年 それから新しいワークチェア(のちのエンボディチェア)とデスクの開発に取り組んでいましたが、手術の合併症でお亡くなりなります。

2008年 そして引き継いだジェフ・ウェーバーの手により「エンボディチェア」が完成します。エンベロップデスクも同年にリリースされます。

彼は人間工学に基づいてワークチェアを設計した先駆け的存在です。
特にアーロンチェアはすごすぎました、のちのワークチェア業界に与えた影響は大きいです。

ドン・チャドウィック、ビル・スタンフ、両名とハーマンミラーとの協力があったことで現在のワークシーンが形作られたと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告