ハーマンミラー製品価格改定について
ハーマンミラー製品価格改定のお知らせ

大幅値上がりをします

詳細はこちら
スポンサーリンク

ハーマンミラー現行正規品イームズファイバーグラスシェルチェアの解説と歴史

イームズファイバーグラスシェルチェア

ハーマンミラー社が2013年に発したイームズファイバーグラスチェアは、1948年にイームズ夫妻が手掛けたオリジナルFRP製シェルチェアを正式に復刻製品化したものです。※日本は2014年に発売

オリジナルデザインを踏襲しつつ、現代の環境に合わせてリサイクル可能な素材を使うなど、デザインををただ復刻するだけでなくアップデートされた名作椅子です。

その歴史と特徴についてお伝えします。

>>イームズの評価とブームの話から歴史とイームズデザインを一挙紹介

イームズの評価とブームの話から歴史とイームズデザインを一挙紹介
米国・ロサンゼルスの建築家/家具デザイナー/映画監督でもあった「チャールズ&レイ・イームズ」は、家具やインテリアにちょっとでも興味を持った人なら知らない人はいないであろう伝説的な人物です。 とくに「イームズシェルチェア」や「イ...

 

スポンサーリンク

イームズシェルチェアの歴史とファイバーグラスシェルチェアが復刻するまで

ヴィンテージ初期型イームズアームシェルチェア

イームズ夫妻がFRP素材を使いシェルチェアを完成させたのは1948年のことです。

1949年には米国のゼニス社にて製造を開始しハーマンミラー社が発売を始めました。

1950年頃にはゼニス社はハーマンミラー社に買収されますので、以降はハーマンミラー社のラベルorエンボスのみつけて販売が続けられました。

仕様の変更を繰り返しながらイームズシェルチェアはロングセラーとなりますが1980年の終わりには製造を終了します。

理由は「FRPは燃やすと炭素が出るだけだけでなくリサイクルができない素材だから環境に悪い」というものでした。

実は売れなくなったというのも理由にあるのかもしれません。

製造が終了してからも在庫がある限りはシェルチェアの販売が続けられたため1990年以降も販売は続けられました。

 

イームズプラスチックチェア

それからしばらくハーマンミラー社はシェルチェアの製造をしておらず、ヴィトラ社が復刻をしたポリプロピレン製のシェルチェアの販売のみしていました。

>>ポリプロピレン製の「イームズプラスチックチェア」が生まれた理由と歴史

ポリプロピレン製の「イームズプラスチックチェア」が生まれた理由と歴史
イームズ夫妻の名作椅子「イームズシェルチェア」は過去も現在も米国のハーマンミラー社が正規品の製造販売をしています。 そのなかで「イームズプラスチックチェア(Eames Plastic Chair)」は素材をポリプロピレン(PP...

 

ハーマンミラー社が初めてシェルチェアを復刻製造をしたのは2009-10年頃のことです。

この時にポリプロピレン製のイームズシェルチェアを正規復刻し、ヴィトラ製の販売をやめてハーマンミラー製造のシェルチェアの販売に切り替えました。

 

イームズウッドシェルチェアの写真

2012年にプライウッド(成形合板)製のイームズウッドシェルチェアを製品化しました。

これは復刻ではなく、イームズ夫妻の長年の夢であるプライウッド一体成型のシェルチェアを現代の技術力を持って製品として作り上げた新製品です。

>>イームズ夫妻の目標であった「イームズウッドシェルチェア」と3D成形技術とは

イームズ夫妻の目標であった「イームズウッドシェルチェア」と3D成形技術とは
2013年に新発売したイームズウッドシェルチェアは、イームズ夫妻の構想から70年経ってから実現した椅子です。 時を経て実現されたイームズ夫妻にとっては夢の椅子なんです。そのストーリーと技術を書きました。

 

イームズファイバーグラスチェアの実物写真

そして2013年にとうとうFRP素材のイームズシェルチェアを製品化させました。

当時と同じ素材でそのまま復刻したわけではなく素材を現代に合わせて改良されています。

オリジナルのFRP製シェルチェアはガラス繊維が入ったプラスチックだったのに対して、復刻されたFRP製シェルチェアはモノマーフリー樹脂を繊維状に入れており、リサイクルができるFRPとなっています。

ガラス繊維が入ったFRPの強度はそのままに環境に配慮された素材になっています。

 

ファイバーのアップ写真

さらに当時の製造方法を再現しています。

当時はシェルチェアの型を作り、ほぼすべてを手作業で製造していました。

復刻されたファイバーグラスチェアもファイバーをシェルの形に成形すること自体はドライバインダー処理による真空成型を採用していますが、その後は当時と同じように型を使いほぼ手作業で製造をしています。

ポリプロピレン製シェルチェアのインジェクション方式とは違い手間のかかる製法です。

 

ショックマウントの写真

ショックマウント部分は改良をされています。

前後で大きさを変えて、より荷重のかかる前側のショックマウントを大きくしています。

さらに電気的接着(接着剤と接着面の分子的結合)をしています。

これらはオリジナルのシェルチェアではされていなかった製法です。

そうした伝統的な製法と、現代の環境に配慮をした優れた椅子となっています。

イームズファイバーグラスシェルチェアはイームズ夫妻のフィロソフィーを体現しつつ、ハーマンミラー社の企業努力により作られたまさに伝統的な名作椅子です。

 

ヴィンテージイームズシェルチェアの写真(これはヴィンテージ品の写真です)

ただ問題は素材の調達が簡単ではなく、製造にも非常に手間がかかるため安定した量産体制が続いていません。

日本でも2014年から発売されて以降、常にどれかのカラーが製造をストップしたり、ファイバーグラスチェア自体の製造が止まることもありました。

それがコロナ以降は一層顕著となり製造がほとんど止まっています。

それだけ手間も時間もコストもかかるものですが、やはりハーマンミラー社を作り上げた歴史的なデザインの一つでもあるため製造を終了させることはなく継続されています。

 

座面のファイバー抜けの写真

2014年製造当初のイームズファイバーグラスチェアの座面にはショックマウントの位置にファイバーの抜け?がありました。

ですが製造を繰り返していくうちに現在はそういった状態は観られなくなりました。

またカラーによってファイバーの含有量が違います。

 

ヴィンテージのファイバーグラスシェルチェアと復刻品のファイバーグラスシェルチェアの見分け方ですが、復刻品は裏側に製造年月日のシールが貼られていますし、EAMES OFFICEのエンボスも入っていますので簡単にわかります。

 

以上がハーマンミラー社が正規復刻をしたイームズファイバーグラスチェアの歴史と特徴です。

新品の家具でありながらもクラシックテイストがあり、量産品でありながらも職人的な技術で作られている珍しい椅子です。

 

ショックマウントの修理については保証5年を過ぎてからはメーカー修理が難しくなってしまうため、ショックマウントの修理ができるような店舗で購入することをお勧めします。

そうしないと保証が切れてからショックマウントが外れると高額な修理代となってしまうからです。

 

イームズ夫妻のモダンデザインを求める方にはお勧めの素材です。

ポリプロピレン製とプライウッド製、好みの素材を選んでください。

 

私のお店(ハーマンミラー正規販売店)でも販売していますが、コロナ以降ファイバーグラスチェアは製造が止まり気味なので注文前に納期や在庫を都度確認してもらうようにしています。シートパッドはプレゼントしています。下記からどうぞ。

>>イームズファイバーグラスシェルチェア商品一覧

case study shop NAGOYA
case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリーデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)のお店です。オンラインショップはamazon payと楽天ペイの利用が可能です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。関東に倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザイン/法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました