イームズ夫妻最初の家具「イームズプライウッドチェア」ストーリー

イームズプライウッドチェア

– Eames Molded Plywood Chair –

デザイナー:Charles & Ray Eames

この成形合板を利用した椅子はイームズ夫妻による初めてハーマンミラー社にて製品化した家具です。

アメリカンモダンデザインの幕開けを象徴するパイオニアです。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




イームズプライウッドチェアがハーマンミラー社から製品として発売したのは1946年です。同時にイームズ夫妻とハーマンミラーのコラボレーションが始まった年でもあります。

ですが、プライウッドチェア自体の始まりは1940年まで遡ります。

オーガニックデザインコンペ チャールズ・イームズはエーロ・サーリネンとともに家具の研究開発をして、1940年にニューヨーク近代美術館(MOMA)によりオーガニックデザインコンペに出展をし、二つの最優秀賞を獲得しています。

この時には成形合板(プライウッド)の椅子を形作っていました。

建築家であり家具もデザインしたエーロ・サーリネン。ペデスタブルシリーズやウームチェアはあまりにも有名です。 Knollとの関係も深い彼のストーリーを書きました。チャールズ・イームズとも関係が深い人物です。

試作プライウッドチェア

チャールズとサーリネンは共同でこのような成形合板の椅子もデザインしています。

これは完全に後のプライウッドチェアの原型になったデザインだと思われます。

それから1941年にチャールズはレイと結婚し、拠点をロサンゼルスに移してレッグスプリントの生産に勤しみます。

イームズ夫妻最初の作品は家具ではなく成形合板で作った添え木でした。 大量に製造販売をしていたことで、この成形合板技術を生かしてその後の名作家具が生まれました。 道具ですが今やアートとして愛されています。

この時の成形合板技術を生かして、並行してイームズ夫妻は家具の試作を繰り返していました。

三本脚プライウッドチェア

第二次世界大戦が終わり、1945年にイームズ夫妻はエヴァンス社にて製造された彼らの家具の展示会をニューヨークにて催します。

そしてこの展示を見たジョージ・ネルソンがイームズ夫妻をハーマンミラー社に導きます。

ジョージ・ネルソンの肉声で当時のことをインタビューで答えています。

ちょっと前に実際に聞きました。内容はこんな感じです。

ジョージはイームズ夫妻の展示を見て”自分が理想としてる家具がそこにあることに”驚きます。

イームズ夫妻の才能を感じ取ったジョージはそこで葛藤をします。イームズの才能は素晴らしいゆえに、彼らを自分がディレクターを務めているハーマンミラー社とコラボレーションをすれば最高の結果が得られるはずだと考えました。しかし、せっかく自分がデザインに置いて独占している会社(ハーマンミラー)にわざわざ他のデザイナーを加えることに抵抗を感じたのです。

ジョージは悩んだのですが、”イームズ夫妻がハーマンミラー社以外の会社に行くのはあり得ない”と決断をして、ハーマンミラー初代社長D・J・ディプリーに強くイームズ夫妻との協働を薦めます。

そうしてすぐにハーマンミラー社とイームズ夫妻は協力関係を築くとになりました。

そうして翌年の1946年にはイームズプライウッドチェアを製品として発売をしたわけです。

製品化にあたり、初期にあった三本脚のデザインはやめ、製品としてより完成された現在の構造になりました。

以降2018年の現在まで、70年以上継続してハーマンミラー社にて製造販売が続けられています。

イームズ夫妻の原点とも言える椅子でもあり、モダンデザインの名作家具です。

クラシックなデザインながら、いまでも人々を惹きつける時代を超えたプロダクトです。

Herman Miller ハーマンミラー Eames Plywood Chair イームズプライウッドチェア DCM 正規品

リプロダクト家具、ジェネリック家具、デザイナーズ家具といったら模倣品が大量に出回っています。 意匠権が切れている、ライセンスが切れているなどいろんな説明で合法アピールしていますが、実際には商標権の侵害をしているので不正な製品です。 リプロダクトとは何かをよく理解してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告