イームズファイバーグラスシェルチェアに新色「テラコッタ」と「ダークシーフォーム」が発売

シェルチェア新色 イームズ夫妻が1948年にデザインをしたFRPシェルチェアを、ハーマンミラー社が現代のリサイクルできるFRP素材で復刻した「イームズファイバーグラスシェルチェア」に新色”テラコッタ”と”ダークシーフォーム”が発売しました。

ファイバーグラスシェルチェアは2014年に日本で復刻発売されてから、2018年にエレファントハイドグレーが加わったことで全9色の展開となっていました。

既存のパーチメント、ブラック、シールブラウン、レッドオレンジ、レモンイエロー、ウルトラマリンブルー、ネイビーブルー、グリーン、エレファントハイドグレーを含め、今回の2色が加わることで全11色展開となります。

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
レイ・イームズの紹介とその生涯
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




イームズシェルチェアの新たなカラー展開

並んだ写真

左がテラコッタ(Terra Cotta)で右がダークシーフォーム(Dark Seafoam)です。

テラコッタはハーマンミラー社のヴィンテージ品で存在するカラーであり、同社カラーの復刻となっています。あまり数は多くないのでヴィンテージ市場では珍しい方です。

ダークシーフォームは・・・近いカラーとしてシーフォームグリーンがあるのですが、それともまた違った色合いに見えます。オリーブダークグリーンとも違います。

テラコッタ詳細ダークシーフォーム詳細

どちらも味わい深いナチュラルカラーのため、現代の空間でも合わせやすくピンポイントでも使っていけます。

ファイバーが入ることで存在感もあり、イームズ夫妻のフィロソフィーを感じる見た目をしています。

実物の新色

すでに実物を見ているので、これが実際を撮影した写真です。

テラコッタの実物はもう少し淡く見えますし、ダークシーフォームはグリーンが強く見えます。テラコッタはヴィンテージとほぼ同じ感じです。

ダークシーフォームは現物の方がシーフォームグリーンに近く見えます。

ダークシーフォームとテラコッタの風景

イームズ夫妻のファンにも人気が出そうですし、味のある格好良い椅子として単体で評価もされるでしょう。オフィス、商業空間、個人宅、何処でも活躍します。

発売は本日2019年7月20日(土)からです。

私のお店でも発売開始しています。

ハーマンミラー製品を買うならこのお店【アーロンチェアのプロ】
アーロンチェアやイームズチェアが特に有名な米国のハーマンミラー社の製品を購入するには正規販売店(正規販売代理店)に行くしかありません。その中で愛知県名古屋市栄にあるこのお店がハーマンミラー製品やアーロンチェアを名古屋で購入するには最高です。全国から多くの注文が入り実績を持ったこのお店はオーナー1人で経営しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告