ケーススタディハウスの話 | 名作家具とデザインの話

ケーススタディハウスはどんなハウスでしょう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ケーススタディハウス(case study house)のことは知ってもらいたいです。

建築としては超有名すぎるもはや伝説的存在なので、この業界にいて知らない人はほとんど居ませんが、もっと一般的に広く認知されると良いですね。

本のカメラ直撮り、以下写真全部

“ケーススタディハウス(CSH)”は1940年代からアメリカの西海岸で始まった実験的住宅プログラムで、雑誌「アーツ&アーキテクチャー」により提案・スポンサーされました。

ひとつの建築物のこと指す呼称ではなく、ケーススタディハウス#○といくつも存在します。

第二次世界大戦後の住宅需要に備え、当時の著名な建築家たちの手により、実験的かつ革新的な住宅となる建築を多くはロサンゼルスに建てられたんです。

現在でも20世紀半ばのアメリカ近代建築の重要建築物ですよ。

プログラムに参加したメンバーは全員同誌の発行人編集長であるジョン・エンテンザから招請されて応じた人ばかりで、リチャード・ノイトラやピエール・コーニッグ、クレイグ・エルウッド、チャールズ・&レイ・イームズにエーロ・サーリネンなどそうそうたるメンバーにより手掛けられました。

CSHにはそれぞれにナンバー(#)をつけ#28まで存在しますが、未建築のものも複数あります。

とくに有名なのがピエール・コーニッグの建築でしょうか。
上写真はCSH#21です。この写真があまりにもアイコニックでしょう。

最高です。見ていて飽きません。いつでも憧れます。

建築写真家のジュリアス・シュルマンさんが撮影したことでも有名ですね。

ケーススタディハウスを撮影したことで知られる建築写真家ジュリアス・シュルマン。 建築が最も魅力的に見える優れた写真力です。

こちらはリチャード・ノイトラのCSH#20です。
ベイリー邸。

の内装。

建築だけでなく、内装、家具インテリアも目を奪われます。まさにケーススタディ。
年代的にHerman MIller社やKnoll社が多いです。それがまた良し。

この内装インテリア家具がどれも洗練されていて素晴らしすぎるので今でも魅力的なんです。

こんな空間を作りたくて生きています。

その中で私が特に思い入れが強いのがCSH#8とCSH#9です。

ロサンゼルスのパシフィックパリセーズにて、イームズとサーリネンの共同作業にて建築されたケーススタディハウスがあるんですよ。

そのうちの#9がアーツ&アーキテクチャー当時の編集長であるジョン・エンテンザが住んだことで「エンテンザ邸」と呼ばれるようになり、#8にイームズ夫妻が住むことで「イームズハウス」と呼ばれるようになりました。

上の写真が#9です。

この写真は自分撮りです

そう、そしてこれが#8です。イームズハウスですね。
最高も最高の建築です。あまりにも革新的で、60年以上経ちなお斬新であり続けますね。

ケーススタディハウスは現在するものが多く、観光地になっているケースがいくつかありますので、ロサンゼルスに行けば現物を観に行くこともできます。

ぜひこれら偉大な建築のことを覚えてくださいね。

ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが、現在は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズの孫に案内してもらった話を書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告