ユーズドとヴィンテージとアンティークの違い

アンティーク

見ますよね、聞きますよね、「ヴィンテージです!」とか「アンティークです!」とか「ユーズドです!」という表現を。

違いわかりますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




こと家具業界に関してだけ、どのように分けているかお伝えしますね。

ユーズド

ユーズドはUSED。つまり中古です。

一度人の手に渡ったものは中古扱いになります。

だいたい30年未満のものは総じてユーズドと呼んでいます。

じゃあ中古って言えばわかりやすいじゃないかって?そうですね、でもユーズドって言ったほうがなんとなく聞こえが良いでしょ?

中古はほかに、セカンドハンド(second hand)とか、中古品をセカンドハンドグッズ(second hand goods)と呼ぶこともありますが、日本ではほぼ使われないと思います。

ヴィンテージ

ヴィンテージはVintageです。

これは、30年以上経過し100年未満の家具をそう表現します。

明確に30年と決められてはいないので、大体30年ぐらいを境にヴィンテージと呼んだり、ユーズドと呼んだりします。

25年前のものをヴィンテージと表現しても、別にそこまでおかしくはないですよ。

アンティーク

アンティークはAntiqueです。

これは100年以上経過している家具のことをそう呼びます。

家具業界だとアールデコ期以前の作品のことですので、随分と古いものです。

このアンティークですが、米国の税関法だと明確に”100年以上前のもの”と定められています。

参考 https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/359/kw/antique

なので、アンティークとヴィンテージは気を付けているところは、ちゃんと使い分けているはずです。

たいていはごっちゃですけどね。なんでもアンティークって呼んだり。

あとついでに、そのほかの呼び方について説明してみます。

レトロは、ただなんとなくそうやって呼んでいるだけです。

日本の昭和期の製品をそう呼んだりします。

ブロカントはヨーロッパの古い道具をそう表現します。

蚤とかそういう意味なので、古物道具みたいなニュアンスでしょうか。

ジャンクは解釈の違いが大きくあって、私的にジャンクと聞くと、はっきり言ってガラクタという解釈です。

でもジャンクを古い味のある道具という解釈で販売している場合もあるんので、ジャンクとはどういうことかを確認した方が健全ですね。

正し意味で使えると良いなって思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告