建築写真家ジュリアス・シュルマン

シュルマンの写真集。です。これ。

Julius Shulman(ジュリアス・シュルマン)はおそらくもっとも有名な建築写真家のひとりでしょう。

ケーススタディハウスの写真って、この人が撮影したんですよ。

アメリカンミッドセンチュリー期にケーススタディハウスプログラムが始まり、偉大な建築がいくつも生まれました。 内装もまさに事例になるような素晴らしい空間です。ケーススタディハウスの説明を書きました。イームズハウスもケーススタディハウスです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




全部かどうかは定かじゃないですけど、一番有名なのがピエール・コーニッグのCSH#21ですね。
1950年に撮影スタジオを開設して、ミッドセンチュリー時代の主要な建築を撮影した建築写真の第一人者でもあります。

CSH#21ってここね。最高。

この人の写真はすごく鮮明で開放感があり美しいと思います。
いまみたいになんでもフォトショップって訳にはいかないので、なにか彼なりの手法があるのでしょう。

見ていてすごく気持ちのよく、建築の魅力が伝わる写真ばかりなので興味を持ったら見てみてください。

wikiは英語しかなかったのですが一応貼っておきます。

いつか実物を見に行って、同じ角度で写真を撮りたいものです。
なんともおこがましい話ですけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告