ジェンス・リゾムT-710に新色オーク天板が新発売

オーク天板

ジェンス・リゾムの名作家具T-710スモールサイドテーブルに新ラインナップとして「オーク天板」が新発売。

今までにないナチュラルな印象がコーディネートの幅を広げます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




50年代ミッドセンチュリーモダンの代表的デザイン

T-710

ジェンス・リゾムがKnoll社から独立後にデザインした「T-710 Small Side Table」は、当時爆発的なヒットをした伝説的な家具です。

現在日本ではリゾム氏本人から直接ライセンスを得た㈱マシン・エイジが正規品を復刻し製造販売をしています。

リゾムデザインのサイドテーブルT-710のストーリー
1950年代のアメリカで爆発的ヒットをしたサイドテーブルがあります。 それはジェンス・リゾムによってデザインされたミニマルながら重厚な作りのテーブルでした。 現在国内では正規復刻もされていますので、その成り立ちも書きました。

天板のアップ

本来このテーブルはアメリカンウォールナットでのみ製造販売をされていましたが、今回新たにホワイトオークの無垢材を使用したT-710が発売されました。

ホワイトオークはオリジナルデザインには存在しない木材ですが、現在の住宅環境に合わせたラインナップです。

ウォールナットの重厚な外見とは違い、軽やかな印象を受けることでナチュラル思考の空間とも相性がなおさら良くなります。

インテリアコーディネート

もともとの優れたフォルムを活かしてミッドセンチュリーモダンに合わせても良いですが、北欧系を求めるユーザーとも相性が良くなりました。

しかしそもそもジェンス・リゾムはデンマーク出身のデザイナーです。彼はコペンハーゲンの芸術学校に通っており、同級生にハンス・J・ウェグナー、ボーエ・モーエセンがいます。

その後リゾムはアメリカで活躍することを選び、その後もスカンジナビアンデザインの普及を同国で広めていた人物です。

スカンジナビアンデザインとアメリカンモダンの融合デザインがリゾムの特徴でもあります。

ジェンス・リゾムのストーリー
アメリカンモダンマイスターズのひとりであり、Knollの発展にも寄与しました。 アメリカンデザインとスカンジナビアンデザインの融合は、彼独自の魅力あふれる作品です。

こうしたことから、リゾムデザインは本来は北欧好きにも歓迎されるはずなのですが、日本でのリゾム氏の知名度が少ないことや、アメリカンウォールナットを使うことから選択しに入りづらかったです。

固定観念に惑わされず、自分が気に入ったものを選ぶのが健全だと思います。

本来のミッドセンチュリーの意味はこちら。

【ミッドセンチュリーとは】ミッドセンチュリーの正しい意味を詳しく説明
家具インテリア業界におけるミッドセンチュリーとはどんな意味でしょうか。 誤用や本来の意味とは違った言葉として使われていますので、本当の意味のミッドセンチュリーを書きました。

ご購入は下記から。

T-710 Small Side Table ジェンス・リゾム スモールサイドテーブル
米国ミッドセンチュリー期に活躍したモダンマスターズの一人ジェンス・リゾムによる伝説的サイドテーブルです。 本人に直接コンタクトをとり正式に国内で復刻した正規品です。アメリカンウォールナット無垢材を贅沢に使い日本国内で製造しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告