ミッドセンチュリーモダンマスターズ

http://www.designflashback.de/post/44487536748/the-mad-men-of-mid-century-modern-design-george

この写真は1961年7月号のプレイボーイです。
見開きで紹介されているこの人たち。
左から、ジョージ・ネルソン、エドワード・ワームリー(ウォームリー)、エーロ・サーリネン、ハリー・ベルトイア、チャールズ・イームズ、そして一番右がジェンス・リゾムです。

ジョージ・ネルソンはハーマンミラー社のデザインディレクターを務めたことで、イームズやジラードを同社に導き、ハーマンミラー社を世界的なファニチャーメーカーへと成長させました。 自身のデザインであるネルソンベンチや名作家具も世に多く残しています。
建築家であり家具もデザインしたエーロ・サーリネン。ペデスタブルシリーズやウームチェアはあまりにも有名です。 Knollとの関係も深い彼のストーリーを書きました。チャールズ・イームズとも関係が深い人物です。
彫刻家なのに家具も製作したベルトイア。彼の功績によりイームズワイヤーチェアが生まれるなど、ワイヤー状のチェアの発展に大きな影響を与えました。その後Knoll社からダイヤモンドチェアやバードチェアといった彼の魅力が詰まった椅子もリリースされたことで一躍有名デザイナーの仲間入りをしました。そんな彼の人生を紹介します。
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
アメリカンモダンマイスターズのひとりであり、Knollの発展にも寄与しました。 アメリカンデザインとスカンジナビアンデザインの融合は、彼独自の魅力あふれる作品です。

彼らこそアメリカンモダンマスターズです。

アメリカの戦後を代表するデザイナーたちとして名をはせました。

それぞれ自身の代表作に座って撮影していますが、ネルソンだけなぜかテーブルだったり。

伝説揃い踏みという珍しい光景でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




スポンサーリンク
レクタングル(大)広告