川上元美のストーリー | 名作家具とデザインの話

川上元美のストーリー

アルフレックスやカンディハウスといったメーカーさんでデザインした家具のリリースをしていますので、そちら方面のメーカーが好きな人だとすごく馴染みのある人だと思います。

HP引用 http://www.motomi-kawakami.jp/bio.html

川上 元美 (Kawakami Motomi)
1940 ~

1940年 彼は兵庫県で生まれました。

1964年 東京藝術大学美術工学部卒業。66年美術研究科修士課程修了。

1966~69年 アンジェロ・マンジャロッティ建築事務所勤務。

1971年 川上デザインルーム設立 現在に至る

受賞や活動歴はこちら。

■主な受賞
第14回ミラノトリエンナーレ入選
日本インテリアデザイナー協会(JID)協会賞
アメリカ建築家協会(AIA)主催 インターナショナル・チェアデザインコンペティション 一席
日本パッケージデザイン賞 大賞,特賞
毎日デザイン賞
国井喜太郎産業工芸賞
土木学会・田中賞(鶴見つばさ橋)
横浜まちなみ景観賞(横浜市)
暮らしの中の木の椅子展 優秀賞
IF賞(ドイツ) 、
グッドデザイン賞 金賞、中小企業庁長官賞、ロングライフデザイン賞
CHICAGO GOOD DESIGN賞
日本デザイン学会作品賞2010
など

■学会・社会活動
日本デザインコミッティー/理事長(2006-2009)
公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会
都市環境デザイン会議
日本デザイン学会/評議委員(1995-)
毎日デザイン賞/選考委員(1996-2000)
公益財団法人 日本デザイン振興会/Gマーク選定審査委員・総合審査委員長(-1997)
公益財団法人 日本デザイン振興会/会長(2013-)
TOTOギャラリー間/企画委員(1985-2010)
デザインアソシエーションNPO/理事

川上デザインルームのHPがあるので、写真も文章もそこから引用しましたし、詳しくはそちらをご覧ください。
http://www.motomi-kawakami.jp/

さすがにご存命の日本人なので情報が充実です。

川上さんですが、プロダクトだけじゃなく、様々な作品を残しています。

大きな物では横浜にある「鶴見つばさ橋(1994)」も川上氏が手がけたものですよ。

これはすさまじい巨大なプロジェクトですね。

この日本においてデザインの草分け的存在です。
優れたデザインが多く、実績多数の重鎮ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告