ジョージ・ネルソンと日本

Music lessons from the Japanese.

さて真ん中の人は誰でしょう。

ジョージ・ネルソンです。 (すぐ答え)

ジョージ・ネルソンはハーマンミラー社のデザインディレクターを務めたことで、イームズやジラードを同社に導き、ハーマンミラー社を世界的なファニチャーメーカーへと成長させました。 自身のデザインであるネルソンベンチや名作家具も世に多く残しています。

ネルソンのストーリーにも書いている通り、1957年に日本政府から招待されて二か月ほど日本に 滞在していまして、その時の一枚です。

「George Nelson : The Design of Modern Design」を読み直していて、面白い写真なので紹介しておこうって思って記事を書きました。

なんというか、馴染みすぎなぐらい違和感ないですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




彼がこの日本ツアーでの一つの結果として「How to Wrap Five Eggs」という書籍を持ち帰ったことがあります。
この書籍は初版が1940年に発行された岡秀行さんの「日本の伝統パッケージ」のことです。

日本の伝統的な収納方法をまとめている本です。

それがこれ。

日本の伝統として美しいパッケージ方法というのがありますよね。とにかく綺麗に効率的に包む。箱を作る。
それが非常に美意識の高いものとしてネルソンも感銘を受けたんでしょう。たぶん。

この本は再販されて現在も新品を買うことが出来ます。ただし英語版のみ。

ネルソンと日本は関係ないわけじゃないんですよって話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告