サイト改修作業中のためレイアウトや構成がたびたび変わることがあります

イームズデスクユニットは工業製品の美しさをもつ名作家具

EDU

– Eames Desk Unit –

デザイナー:Charles & Ray Eames

 

イームズストレージと合わせてデザインされたこのイームズデスクユニットは、工業製品の美しさをデスクとして体現した名作家具です。

 

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
レイ・イームズの紹介とその生涯
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

 

スポンサーリンク

工業製品の美しさ

イームズデスクユニット

イームズデスクユニットは1951年に発表されました。

1950年に発売されたイームズストレージユニットを机にしたデザインです。

発売当時も現在もハーマンミラー社が製造販売をしています。

 

イームズストレージユニットの歴史と元になった収納の話
イームズ夫妻によるカラフルな収納家具といえばイームズストレージユニットです。 まるで小さなイームズハウスのようなデザインは、工業規格を組み合わせて作り上げられました。

 

ストレージユニットと同じく、バーチ材積層合板、スチール、ハードボードで作られており、建築的構造がデスクとしての耐久性も上げています。

 

引き出し部分

見た目重視のデザインではなく実用的な使いやすい構造になっており、広い作業台としての天板、収納のための引き出しなどうまくまとめられています。

ホームファニチャーのデザインを通じて問題解決をするうえで、モダンな家具を作り上げたイームズ夫妻によるハイテクの先駆けです。

 

ストレージ発表時の光景

(書籍 MID-CENTURY MODERN FURNITUR OF THE 1950s BY CARA GREENBERG)

ストレージユニットもデスクユニットも、発表自体は1949年のデトロイト美術館の展覧会でした。

プライウッドチェアやアームシェルチェアを合わせて、これからのオフィスを作り上げています。

この工業製品の美しさを体現したデザインは日本の和箪笥といった家具の影響を受けています。

そのためか展示には茣蓙(ござ)を敷くなど、今見ても斬新なインテリアコーディネートをしています。

壁にはジョセフ・アルバースの絵画を飾るなど前衛的です。同じ柄をイームズハウスでも飾っています。

 

ストレージユニットと同じく1955年に製造販売を終了しますが、ハーマンミラーフォーザフォームの開始により1996年から復刻して現在に至るまでハーマンミラー社が製造販売を続けています。

 

オープンストレージ

(Herman Miller Store撮影)

2011年にはサイズを小ぶりにしつつ引き出しを排除したイームズストレージユニットオープンストレージが発売しました。

このサイズは1949年の発表時から存在する仕様で、現在の住宅事情から復刻製造が始まったものです。

 

現在の住宅事情というのは、都会は人口が密集しており大きなスペースが用意できないというもので、このオープンストレージは置き場所に困りません。

 

天板のアップ

イームズデスクユニット自体は良いデスクではあるのですが、現代ではサイズが大きいため搬入や設置や難しいことが増えました。さらに重量もかなりあるため搬入も容易ではありません。

その代り、実際に設置した時の格好良さはひとしおです。

 

堅牢なボディは長年使うのに最適です。

イームズデザイン唯一のデスクでもあり、ミッドセンチュリーファンから愛されています。

 

【Herman Miller正規販売店】イームズデスクユニット オープンストレージ EDU マルチ/ナチュラル
1950年にイームズ夫妻によりデザインしたこの”イームズストレージユニット”は、「モジュール方式」や「ハイテク」という言葉が業界で一般的に使われるようになる以前から、夫妻が設計する製品に工業生産技術を取り入れていました。 イームズデスクの省スペース向けオープンストレージ仕様です。ハーマンミラー正規販売店により販売。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました