イームズハングイットオールの話 | 名作家具とデザインの話

イームズのハングイットオールの話

このカラフルなハンガーはイームズハングイットオール。Eames Hang It All。略してHIA。

イームズプロダクトでもっとも安価でカジュアルなプロダクトです。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。

このハンガーは1953年にデザインされ、最初はタイグレット(チグレット)社が製造していました。

今はハーマンミラー社が製造販売しています。

当時は子供部屋とか、カラフルなおもちゃ的なモノをイメージしてリリースされていたそうですよ。なにせタイグレット社ではイームズトイがいくつもリリースされていましたので、そのうちの一つといった具合です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




タグや梱包ケースはレイが担当したそうですが、配色も彼女じゃないでしょうか。これは記載がないので私の想像なのですが、彼女の役割的にです。違うのかな?

書籍の直撮りです

今となってはイームズらしさ的なオブジェ的なハンガーとして普及していますよね。

このボールの配色にいくつかバリエーションがあったのでヴィンテージ品と現行品とではカラバリや色配置が違うものが結構あります。

ちなみに、ヴィンテージのHang-it-Allは結構重量があるんですよ。そこは現行品で改良されて軽くなっています。

LAのイームズハウス内でオリジナルが飾ってあったのを持たせてもらったのですが、ずっしり重くて、これを壁に掛けるにはちょっとあれかなって思いました。
持たせてくれなんて催促していませんよ、向こうから持たせてくれたんですよ。

そんな強引さは私にはないです。

ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが、現在は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズの孫に案内してもらった話を書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告