イームズハウスオブカードの話 | 名作家具とデザインの話

イームズハウスオブカードの話

イームズハウスオブカード(EAMES HOUSE OF CARD)という玩具があります。

イームズの玩具なのですが、そんなものがあるんですよ。

これですね。
HOUSE OF CARD(ハウスオブカード)はイームズが手掛けた代表的な玩具です。

左がMサイズ、右がSサイズ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




1952年にタイグレット社で製造販売されたこのおもちゃは、切込みが入ったカードにさまざまな写真がプリントされています。

この切込みに別のカードを差し込んでいくことで色々な形に組み上げることが出来ます。こんな具合に。

つまり、使い方は創意工夫次第。子供だけでなく、大人も当時は夢中になったそうです。
カードの図柄の最終決定はアレキサンダー・ジラードというのもステキです。

アレキサンダー・ジラードはどんなストーリーを持っているか、何を手掛けたのかを説明しますね。

当時はGIANT HOUSE OF CARDっていうB5用紙に近いサイズの巨大な物もありました。
今もあるにはあるのですが、今回プレゼントするものにはありません。

このカードは1961年にタイグレット社が倒産したため市場から姿を消しました。

でも現在はイームズオフィスによる復刻されていまして、上写真のそれが復刻品です。

ハーマンミラーのディスプレイで見ることもありますね。

ただタイグレット社って私は書いてますけど、最初はオット・マイアー社ということろという記載もあります。どうなんですかね。

イームズにはこんなものもありましたって話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告