アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

イームズハウス内のテーブルが製品化「イームズコーヒーテーブル」

イームズコーヒーテーブル

– Eames Coffee Table –

デザイナー:Charles & Ray Eames

 

元々はイームズ夫妻の自宅のために作られたテーブルでした。

68年後の2017年にハーマンミラー社から製品化されたものです。

 

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
レイ・イームズの紹介とその生涯
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

 

スポンサーリンク

 

【case study houseとは】ケーススタディハウスの説明
アメリカンミッドセンチュリー期にケーススタディハウスプログラムが始まり偉大な建築がいくつも生まれました。 内装もまさに事例になるような素晴らしい空間です。ケーススタディハウスの説明を書きました。イームズハウスもケーススタディハウスです。

 

イームズ夫妻は1949年にロサンゼルスのパシフィックパセリーズにケーススタディハウス#8を作り上げました。

その後同ハウスを彼らの住居として「イームズハウス」として名前が定着しました。

2018年も現存しており、夫妻の魅力が詰まった最高の建築物です。

 

【憧れのイームズ邸】イームズハウスの内部に入ってきた話
ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが通常は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズのひ孫に案内してもらった話を書きます。

 

内部のインテリアデザインも彼ら自身が手掛けており、この家のために家具もいくつも作り上げました。

ハウス内には談話スペースが用意され、ソファで囲まれた中心にコーヒーテーブルを用意しています。

 

イームズハウス内

これがそのイームズハウス内部の写真です。

赤丸で付けたテーブルが「イームズコーヒーテーブル」の元になったデザインです。

オリジナルは現在もイームズハウス内に置かれています。私も現物を見た時は感動したものです。

このオリジナルは天板に金箔を張った豪華な仕様が特徴です。

さらに、ウッドベースをワイヤーで繫ぐという当時としも珍しい構造をしていました。

 

このオリジナルを元に初めて製品化さたわけです。製品化に当たって天板は現実的なウッドトップにしています。

イームズハウスでのテーブルが家庭でも使えるようになったということが大きな魅力です。

 

ウッドベース

ことろでこのテーブルの脚を見るとイームズシェルチェアのウッドベース(ダウェルベース)を思いだされると思いますが、実はこのテーブルの脚を元にして作られたのがイームズシェルチェアのダウェルベースなんですよ。

 

アニヴァーサリーテーブル

ハーマンミラー社の説明では初めての製品化とされていますが、実は2001年に一度だけ限定で製品化されています。

それが上写真の「イームズアニヴァーサリーテーブル」です。500台限定で販売されていました。

天板が金色になっていたぶん、オリジナルにより近いものでした。

当時の価格は¥297,000と安くは無かったです。

 

数量限定品は企画ものだったため、製品としては初めてということですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました