デンマークのモダニスト「アーネ・ヤコブセン」のストーリー

ヤコブセンの肖像

Arne Jacobsen (アーネ・ヤコブセン)

1902 – 1971

デンマークの代表する建築家の一人です。ホテルの設計から内装、家具デザインまで手掛けています。

以前まで”アルネ”・ヤコブセンと表記されていましたが、現在は”アーネ”・ヤコブセン表記に変更されてきています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




1902年 彼はデンマークのコペンハーゲンで生まれます。

画家を目指していましたが、貿易商を営む父の反対をうけ家をでて客船で働いてた時期があります。

1924年 コペンハーゲン技術専門学校に石工として修業を積み、その後デンマーク王立アカデミーの建築科に通います。

在学中の1925年、パリ万博のためにデザインした椅子がコンペで銀賞を受賞。

1927年 ポール・ホルソー建築事務所に勤務します。

30年まで。

1930年 独立。

1930年 コペンハーゲンの海岸地区のアパート計画「ベラヴィスタ」に着手。

1934年に完成。

1937年 オールフースの市庁舎の設計を開始。

1942年に完成。

1940年 ナチスからの迫害を恐れスウェーデンに亡命。

この間は建築業務をストップ。

ありんこチェア

(アントチェア https://fritzhansen.com/ja-JP/products/Chairs/3100_ant_clear_lacquer)

1952年 ノヴォ製薬会社の食堂の椅子として「アントチェア」をデザイン。

400脚の製造をフリッツハンセン社が担当。現在も製造販売されています。

フリッツハンセン社が現在も製造販売をするアルネ・ヤコブセンの名作椅子「アントチェア」。 その椅子が出来上がるまでのストーリーと、本当のデザイナーの話です。

セブンチェア

(セブンチェア https://fritzhansen.com/ja-jp/products/chairs/3107_series7_coloured_ash

1955年 アントチェアを発展させた「セブンチェア」をデザイン。

名前の由来は”7枚の合板を使っている””形が数字の7に見える””品番の3107から”など諸説あります。

1956年 デンマークのSASロイヤルホテルの設計を担当。

さらに同ホテルのインテリアデザイン、家具、食器や照明など細部まで手掛けます。1960年完成。

スワンチェア

(スワンチェア https://fritzhansen.com/ja-jp/products/lounge-chairs/3320_swan_fabric)

エッグチェア

(エッグチェア https://fritzhansen.com/ja-jp/products/lounge-chairs/3316_egg_fabric)

1958年 SASロイヤルホテルのために「エッグチェア」、「スワンチェア」、カトラリー、照明「AJランプ」「AJロイヤル」(照明は1957年)などデザイン。

1957年 ミラノ・トリエンナーレで「アントチェア」が金賞を受賞。

1960年代 オックスフォード大学、ロドオウア中央図書館、公園など精力的に建築やランドスケープデザインを手掛けています。

1971年 デンマーク国立銀行を手掛けることになりましたが、完成前に亡くなります。

アントチェアはイームズとサーリネンが手掛けたプライウッドチェアの影響を受けており、彼らとはまた違ったアプローチで家具を完成させています。

特にセブンチェアの売り上げ台数は世界的に多く、家具のデザイナーとしても著名です。

昨今の日本の北欧ブームの流れともマッチしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告