アーロンチェアご購入者へアームカバープレゼントと不要椅子の同時回収処分orフットレストをプレゼント&エンボディチェアご購入者はフットレストのプレゼントと不要椅子の同時回収のサービス
ザノッタ製品価格改定

2022年6月1日にザノッタ社の製品が大幅値上がりをします

詳細はこちら
スポンサーリンク

デンマークデザインで最も有名なアーネ・ヤコブセンの名作椅子「セブンチェア」

セブンチェア

– Seven Chair –

デザイナー:Arne Jacobsen(アーネ・ヤコブセン)

 

セブンチェアとは1955年にアーネ・ヤコブセンがデザインをしたデンマークで最も有名な成形合板の椅子です。

700万台以上の販売実績もあり、世界で広く普及した名作椅子です。

>>アーネ・ヤコブセンとは

 

スポンサーリンク

デンマークで最も有名な名作椅子「セブンチェア」

アントチェア(アントチェア)

ヤコブセンは1953年に成形合板を使ったアントチェアをデザインしました。

これはチャールズ&レイ・イームズ夫妻が1945年に手掛けたプライウッドチェアに触発され、フリッツハンセン社の協力のもと同じ成型合板を使い背と座を一体に仕上げた椅子です。

>>アントチェアとは

 

セブンチェアの背面

そのアントチェアをさらに発展させたのがセブンチェアです。

セブンチェアはアントチェアの2年後の1955年にデザインされました。

より座り心地を求めたデザインであり、アントチェアの時は合板の表面にどうしてもクラック(亀裂)が入るため、それを隠すために黒塗装をしていましたが、セブンチェアは技術的にクリアしたことでカラーバリエーションを増やしました。

さらにアーム付きもデザインしており、普及用としていろいろ考えられていることがわかります。

 

セブンチェアのアップ

セブンチェアの名前の由来は品番の「3107」から来ているというのが今の定説のようです。

昔は合板の枚数が7枚だから説や、見た目が7に見えるから説や、カラー展開が7色だったから説などありました。

合板の枚数は最初期のヴィンテージを見ると7枚ではありませんからこれは最初から誤った説ですね。

あとあまり知られていませんが、初期のセブンチェアは現在のセブンチェアと形状が若干違います。

 

現代にいたるまでセブンチェアは豊富なカラーバリエーションだけでなく、アプホルスター仕様や他ブランドのコラボなど数多くの使用されました。

日本でも相当有名な椅子となりましたので多くの場所で見かけるはずです。

セブンチェアの正規品は今も昔もデンマークのフリッツハンセン社が製造しているものです。

 


ちなみに写真に乗せているセブンチェアの素材はローズウッドです。

今となっては貴重な最初期のセブンチェアです。

座面裏のベースを固定するカバーも金属で、なおかつフリッツハンセンのロゴやシールすら貼られてない時代のものです。

ヴィンテージ市場では高騰しつつあるのでその人気がうかがえます。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました