アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

イームズ生誕100周年記念切手

イームズ切手

これはいまとなってはレアものになりましたね。

米国郵便局による記念切手ですが、題材が何とイームズなんですよ。

 

スポンサーリンク

2008年にチャールズ・イームズ生誕100周年を記念して、米国郵便局が記念に作成した記念限定切手です。

 

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。

 

当時、日本では流通していなかったので、これの発売を知った時に、知り合いのバイヤーに頼んで買ってきてもらったんです。後で必要になるかもしれないと思って10枚ぐらい手に入れたのですが、残っているのは結局2枚です。

 

すごく良いデザインですよね。

いまだったらもっとたくさん買って保管しておきましたね。まだ当時はこの業界に入って2年目とかで、お金もなかったですし、将来のことも考えていなかったのでそこまでの先見さはなかったです。

 

以前はこれ用に特注でフレームを作ったりして飾っていました。

欲しい人がたくさんいるであろうアイテムでした。

 

あと、この切手ですごく記憶に残っていることが一つ。

 

私が開業して間もなくの時だったでしょうか。

ある日私のお店に訪れた中年の男性がイームズが好きということを話してくれまして、そんな彼がイームズ切手が欲しかったみたいなことを私に伝えてくれたんです。

「ああ、その切手なら私が持っていますよ」と話したら、「見せてほしい」といわれたので、販売するつもりはなかったのですが見せてあげました。

そしたら案の定彼は「売ってほしい」とアピールしてきたんです。でも私は売るつもりはありませんでした。

 

すると彼は、”今度喫茶店を初めるつもりで、そこにイームズシェルチェアを買って並べたいから、この切手を売ってもらえたら嬉しい。”とアピールをしてきました。

まだ売り上げが無くて困っていた私は、シェルチェアを買ってもらえるんだったら、ということで実際に手に入れた時の金額そのままで販売したんです。売りたくなかったですけどね。

 

本人は喜んで、「また買いに来ます!」と帰っていきました。

 

彼はその後一度も見ていません。

 

もうですね、お店をやっているとこうした最低な輩が来るのが心底イヤです。

嘘までついて目的を果たそうとするんですから。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました