アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

第3のハウスオブカード「イームズテキスタイルハウスオブカード」

イームズハウスのカード

イームズ夫妻が1952年にカードモチーフにした玩具をデザインしました。

それがHOUSE OF CARD(ハウスオブカード)です。

 

イームズハウスオブカードの話
イームズのカードをモチーフにした玩具が存在します。 今となってはオブジェとして使えると、昔は大人も夢中になったというアイテムです。

 

独創的な感性で遊べるこのハウスカードには別Ver.も存在します。

それが1970年に開催された日本万国博覧会のIBMパビリオンのためにデザインされたCOMPUTER HOUSE OF CARDS(コンピューターハウスオブカード)です。

 

コンピューターハウスオブカードとは
イームズハウスオブカードに1970年に開催された大阪万博の限定仕様が存在します。 IBMパビリオンでそれは配られました。

 

さらにもう一種類ハウスオブカードが存在します。

それはテキスタイルにスポットを当てています。

 

スポンサーリンク

イームズのテキスタイルで作ったカード

イームズテキスタイルハウスオブカード

これがEAMES TEXTILE HOUSE OF CARDS(イームズテキスタイルハウスオブカード)です。

イームズデザインのテキスタイルのみでデザインされたハウスオブカードです。

イームズオフィスとmaharam(マハラム)社により2000年に作られたものなのでイームズ夫妻存命時のハウスオブカードではありません。

 

イームズドット

単純にレイ・イームズが手掛けたテキスタイルを色ごとにカードで分けているものです。

テキスタイルのデザインがそんなに数が無いため色で枚数を補っている感じですね。

おかげでイームズドットだけでもこれほどのバリエーションとなります。

カラフルで楽しいですね。

 

アップの写真

普通に販売されていたものみたいなので特別なものではないようです。

貴重なものではないので買おうと思えば買えるはずですよ。

イームズテキスタイルの魅力を使って遊べる面白いハウスオブカードです。

 

私も持っていますけど、どういった経緯でこのカードが作られて流通したのかは知りません。

 

もしイームズハウスオブカードをコンプリートしようとしている人がいたら、このテキスタイルハウスオブカードも忘れないようにしてください。

たぶん初めて見る人の方が多いのではないでしょうか?

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました