アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

アレキサンダー・ジラードのデザインによる「ラ・フォンダ・デル・ソル」とは

ラフォンダデルソルのインテリアデザイン

La Fonda Del Sol(ラ・フォンダ・デル・ソル)はかつて米国・ニューヨークに存在したラテンアメリカをテーマにした陽気なレストランです。1960年にオープンし1971年まで営業をしました。

アレキサンダー・ジラードがインテリアデザインを行い、家具をチャールズ&レイ・イームズ夫妻が担当しました。

ジラードによる最も有名な功績の一つです。

 

テキスタイル、建築、家具をデザインした「アレキサンダー・ジラード」
アレキサンダー・ジラードはハーマンミラー社のテキスタイル部門のデザインディレクターとして活躍しており、多くの魅力的なファブリックを世に送り出しました。 建築家でもあり、家具や内装のデザインもして、民芸品のコレクターでもある彼の生涯を書きました。

 

スポンサーリンク

ジラードのインテリアデザインにイームズの家具が置かれたレストラン

ラフォンダデルソルのパンフ(Herman Miller A Way of Living P.296)

ラ・フォンダ・デル・ソルが作られたのは1959年にニューヨークで竣工したタイムライフビルディングの一階ロビーです。

この場所にレストラン経営の成功者であるジョー・バウムがレストランを開くことになり、そのインテリアデザインをアレキサンダー・ジラードに依頼したことから始まります。

ジョー・バウムはアメリカで初めてテーマレストランを経営した人物として知られており、今回もテーマを決めたレストランをオープンすることになりました。

 

ラフォンダデルソルの店内(Herman Miller A Way of Living P.297)

ジラードはかねてよりフォークアート収集家として知られていた人物でもあり、ラテンアメリカの文化に非常に大きな関心を持った人物でした。

そこでジラードはコロンブスが辿りつく以前のアメリカ文化をテーマにし、陽気でラテンなレストランを作り上げました。

そして名前は太陽からを意味するLa Fonda Del Solと名付け、レストランに関わるほぼ全てのデザインを自身で手掛けました。

 

ラフォンダデルソルのテーブルウェア(ジラード展の時の写真 https://ogitaka.com/2019/03/13/alexander_girard_exhibition/)

ジラードはラフォンダのために内装や制服だけでなく、テーブルウェアや紙ナプキンといった細かなインテリアや道具までデザインをしました。

本当の意味でのまさにトータルデザインです。

 

そしてこのレストランのためにジラードはイームズ夫妻に家具の担当を依頼しました。

 

イームズの現在の評価とブームの話から家具の歴史とデザイン一覧
ミッドセンチュリーを代表するデザイナーであるイームズ夫妻の家具デザインは現在ではいったいどのような評価を受けているのか書きました。 イームズブームの話から彼らの家具を一覧にして紹介もしていますのでイームズを知りたい人にお勧めの記事です。

 

イームズラフォンダチェア

そうして出来上がったのが後にハーマンミラー社から「ラフォンダチェア」として発売することになるなるこの椅子と「ラフォンダテーブル」となるこの丸いテーブルです。

椅子の基本のデザインはイームズシェルチェアなのですが、背もたれをカットして低くしています。

ジラードはインテリアデザインの意図からイームズに椅子のデザインを依頼する際に”テーブルの天板と椅子の背もたれの高さが揃うように”と伝えていました。

また、この特徴的な脚はユニバーサルベースを基本にデザインされていますが、支柱を四本に分けたデザインの理由は私が知りません。

 

イームズラフォンダチェアが生まれた訳とデザインの意味
背もたれが低いシェルチェアといっても良いイームズラフォンダチェアはレストランのためにデザインされました。 アレキサンダー・ジラードとイームズ夫妻による共同のデザインです。 特徴的なデザインについて書きました。

 

太陽のモチーフ

料理もラテンアメリカのものに統一しており(ジラードの妻スーザンも料理関係で貢献をしています)、レストラン自体全てのトータルデザインをジラードが請け負った当時としても画期的なデザインセンスとして話題になりました。

レストラン内は蛇口からメニューに至るまで全てジラードが手掛けることで特徴的でカラフルなデザインをしていながらも、全体を太陽に繋げる”意味のあるグループ”としてまとめ上げることで新しい価値を生み出しています。

 

ラフォンダデルソルは話題かつ好評なレストランとなり1971年まで営業を続けました。

ミッドセンチュリー期の名デザインですね。

 

ちなみにイームズ夫妻はこの時期、同じタイムライフビルディングでタイムライフチェアとアフリカンスツールをデザインしています。

 

イームズ最高級オフィスチェア「イームズエグゼクティブチェア」のストーリー
イームズデザインの椅子の中で最も高額なパーソナルチェアです。 最高の重厚感と高級感を体験できる傑作は1960年に生まれました。 タイムライフチェアとの愛称もつくこの椅子について書きました。
イームズウォールナットスツールのストーリーと心に残った光景
イームズ名作スツールといえばイームズウォールナットスツールです。 実際にデザインを手掛けたのはレイであり、そのストーリーとスツールを見て心が残った光景はここです。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました