イームズエグゼクティブチェアのストーリー

イームズ史上もっともエグゼクティブなチェアといえばこれです。

イームズエグゼクティブチェア

https://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%2520Miller:Products/Eames%2520Executive%2520Chairs

Eames Executive Chair (イームズエグゼクティブチェア)

同時にハーマンミラー社の最もエグゼクティブなチェアでもあります。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




名前の通りエグゼクティブなこの椅子は1960年にデザインされました

タイムライフ空間

ニューヨークのタイムライフ社の新社屋の内装をイームズオフィスが手掛けることになり、内装だけでなく家具もデザインすることになりました。

デザインされた家具は「ウォールナットスツール」とこの「エグゼクティブチェア」です。

そこからこの椅子は別名「タイムライフチェア」と名付けられています。

その名の通り”充実した人生”を送ることが出来るデザインです。

タイムライフチェア

とにかく贅沢なこのつくりは、アルミとレザーによる最も優れたコラボレーションです。
誰が見ても重厚で迫力のあるデザインは、どっしりとした安定感のある任せられる座り心地もあります。

まさに高級椅子です。

1972年のチェスの世界大会で使用されたことは有名なエピソードです。

1972年のチェスの世界大会で、名匠ボビー・フィッシャーは、イームズエグゼクティブチェアを使用することを要求しました。対戦相手のボリス・スパスキーも、自分にも同じチェアを提供するよう依頼し、開催地のアイスランドまで運ばれました。

Herman Millerさんの投稿 2016年5月17日(火)

ロビーでも会議室でもどの場所でも遺憾なく魅力を発揮するこのチェアは、個人用でもラウンジチェアとして使っても最高の一脚として使い続けることが出来ます。

後にはローマ法王が座る為に特注したホワイトレザーかつヘッド部分までクッションを付けたエグゼクティブチェア作られました。

最高に満足できるイームズプロダクトとして歴史を越えて愛される椅子です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告