アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

ショルテン&バーイングスの魅力とストーリー

ショルテンとバーイングス

Scholten & Baijings (ショルテン アンド バーイングス)
2000年 ~

 

ショルテン&バーイングス(以下S&B)はオランダのデザインスタジオです。
オランダ人デザイナーのステファン・ショルテン(写真右)とキャロル・バーイングス(写真左)により2000年に設立されました。彼らの名前をつけたデザインスタジオ名です。

 

スポンサーリンク

家具やテキスタイル、テーブルウェアに家電までと多岐にわたり独創的な色彩感覚で芸術的な作品をいくつも輩出しています。

 

1996年からステファン自身は活動を始めており、2000年からS&Bとして活躍しています。

二人は夫婦でもあります。

最初はアムステルダムの高架下の小さな事務所から始まりました。今では広い場所に引っ越しをしてスタッフを何人も抱えるスタジオに成長しています。

 

彼らのデザインの大きな魅力の一つが”色使い”です。

プロジェクトごとに一から色を作るのが特徴で、なかには形になるまで何年もかかるケースもあるそうです。

2005年からは蛍光色を作っており、彼ら独自の世界観を表現しています。

一目で彼らの作品だとわかる優れた構成です。

 

彼らの作品は公式HPから閲覧することが出来ます。

Scholten & Baijings

 

昨年はエルデコインターナショナルデザインアワード2017のファブリック分門のグランプリを受賞するなど、彼らは今最も注目されるデザイナースタジオの一つです。

 

エルデコインターナショナルデザインアワード2017のファブリック分門をショルテン&バーイングスがグランプリを受賞
Maharamのアクセサリーシリーズにも採用されている、ショルテン&バーイングスの新作ファブリックPare(ペア), Mesh(メッシュ), Tracery(トレースリー)の3種類がELLE DECO International Design Award 2017 のファブリック部門でノミネートされグランプリを受賞しました。

 

ちなみに実際のお二人はすごく素敵でしたよ。

 

ショルテン&バーイングス特別展とトークセッションの感想
東京丸の内のハーマンミラーストアで催されたショルテン&バーイングス二人によるトークセッションに参加しました。 彼らの仕事に対する基本事項を教えてもらいました。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

デザイナーや人物の紹介
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました