アーロンチェアやイームズラウンジチェアを分割払い30回まで金利無料で販売しています
スポンサーリンク

アーロンチェアの機能をなくしサイドチェアにした「アーロンサイドチェア」とは

アーロンサイドチェア

Aeron Side Chair

あの有名なアーロンチェアにはサイドチェアが過去には存在しました。

それがアーロンサイドチェア(Aeron Side Chair)です。

多機能で高性能なアーロンチェアの特徴を全部そぎ落とした潔いデザインです。

アーロンチェアの座り心地のみを求めた椅子でした。

 

アーロンチェアのすべてがわかる【プロ監修/歴史/誤解/裏話/長期使用レビュー】
アーロンチェア(Aeron Chair)とは1994年に米国・ミシガン州に本社を構える世界トップレベルの実力を持つ家具メーカー「ハーマンミラー(Herman Miller)」社により製造・販売されている高性能ワークチェアです。 ...

 

スポンサーリンク

機能をあえて失くしたアーロンチェア

アーロンサイドチェアのスタイリング

アーロンサイドチェアは2017年まで製造販売されていました。

このころはクラシックアーロンチェアが現役でしたので、アーロンサイドチェアもクラシックアーロンチェアを基にして作られていました。

アーロンチェアのフレームとペリクルサスペンションだけを残してカンティレバー構造にしています。(カンティレバーは片持ち構造のことです)

上写真の古さから発売したのはずいぶん前ということがわかります。90年代にはあった気がします。

 

実物のアーロンサイドチェア

これが実物のアーロンサイドチェアです。

アーロンチェアの背と座に使われているペリクルと呼ばれるメッシュ状の素材は座り心地が非常に良いのでアーロンサイドチェアも変わらずその良さを感じます。

しかしポスチャーフィットもランバーサポートも、昇降もアームレストもリクライニングも何もできません。

そこで主な使用目的はミーティングルームといった不特定多数の人が座る場所でした。

基本的にオフィス需要のみです。

 

サイドチェアのアップ

通常のフル装備のアーロンチェアと違った活躍をしていましたが、国内ではそもそも知名度も少ないですし存在を知っている人の方が少ないでしょうね。

最終価格が10万円ぐらいだった記憶があります。

 

個人的にはカンティレバー構造の椅子として90年代の名作として数えられる存在だと思っています。

もともとのアーロンチェアを知っていればいるほどその奇妙さに惹かれますね。

 

新型のアーロンチェアリマスタードになってからはアーロンサイドチェアは製造されていません。

でもそのうちラインナップされるかもしれませんが、アーロンサイドチェアが発売したころのハーマンミラー社と違い、現在は多くのラインナップを製造している会社になったため、アーロンサイドチェアの代わりを務める椅子がすでにあります。

 

クラシックアーロンチェア発売当時のハーマンミラー社のカタログはペラペラでしたからね、その頃はアーロンサイドチェアの代わりを務めるようなデザインもありませんでしたから。

 

過去にはこんなアーロンチェアがありましたという話でした。

現在はアーロンライトが近い存在です。

 

【アーロンチェア リマスタード】と【アーロンチェア リマスタード ライト】の詳しい違いと選び方
オフィスチェアの王様であるアーロンチェアにはライトシリーズが存在します。 一見安いアーロンチェアに見えますが多くの違いがあるため用途に合わせて選ぶ必要があります。 詳しくどう違うのかを書きました。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました