アーロンチェアやイームズラウンジチェアを分割払い30回まで金利無料で販売しています
スポンサーリンク

ポール・ヘニングセンがデザインをした北欧の最も有名な名作照明「PH5」とは

PH5別角度

– PH5 –

デザイナー:Poul Henningsen (ポール・ヘニングセン)

北欧の名作照明と言えばルイスポールセン(Louis Poulsen)社のPH5です。”ピーエイチファイブ”と読みます。

モダンデザインライトの中でも最も有名なデザインでもあります。

デザインをしたポールヘニングセン(Poul Henningsen )は近代照明の父と評されています。

PH5は彼が1958年にデザインをしました。

 

スポンサーリンク

北欧で最も有名な照明PH5

PH5

ポール・ヘニングセンはデンマークで1894年に生まれました。

大学で建築を学んだあと卒業せずフリーランスとなり、1920年ごろから照明のデザインも始めています。

そして1925年にルイスポールセン社と仕事を始め1967年の亡くなる年までその関係は続きました。

1925年に最初の照明である「パリのランプ」(パリ展示会のための照明)を手掛けて以降、次々と後の名作と呼ばれる照明を作りだします。

PH5は1958年にデザインされたもので、これが彼の最も有名な照明となるとともにルイスポールセン社自体を代表する照明となりました。

 

下からの写真

PH5は対数螺旋と呼ばれるカーブをデザインに落とし込んでいます。

これによりこの照明はどこから見ても内部の電球を直接見ることがないためグレアを感じず周囲へ効果的に照らすことができます。

ダイニングテーブルの上に吊るすペンダントライトとして使うと、食事がよりおいしく見えるようになります。

ちなみに製品名のPHはPoul Henningsenの頭文字です。簡単ですよね。

 

PH5のアップ

PH5が特に人気があるのはそのデザインと価格のバランスが良かったため、昔からメディアやインテリアショップでPH5をフィーチャーしていたからです。

昔はルイスポールセン自体の一般的な認知度が低く、家具やインテリアに詳しい人だけで知られている存在の中でもPH5はそのデザイン性から単独で人気がありました。

徐々に世間に浸透して今では最も有名な照明と呼んでも差し支えないぐらいのポジションになりましたね。

 

PH5のスタイリング

今ではデンマークの名作照明という扱いでしたが、20年以上も前となるとミッドセンチュリー期の名作照明というカテゴリーで扱われていました。

ヤコブセンの椅子にイームズのテーブルにPH5といったインテリアデザインもごく普通にしていましたが、今ではデンマークのものはスカンジナビアンデザインで統一するような印象が強くなっています。

アメリカンミッドセンチュリーの店でも照明はルイスポールセンを採用していることも多かったです。

PH5やAJシリーズが特に人気でした。

 

これからさらに人気は高くなると思われますので、これからもっと多くの場所で採用されることになるでしょう。

素材的に一生涯使えるのも良いですね。

買い替えせずに一生楽しむデザインです。

 

 

【ミッドセンチュリーとは】ミッドセンチュリーの正しい意味を詳しく説明
家具インテリア業界におけるミッドセンチュリーとはどんな意味でしょうか。 誤用や本来の意味とは違った言葉として使われていますので、本当の意味のミッドセンチュリーを書きました。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました