不変的なデザインと使いやすいイームズコントラクトベーステーブル

イームズコントラクトベーステーブル – Eames Contracr Base Table –

デザイナー:Charles & Ray Eames (チャールズ & レイ・イームズ)

イームズコントラクトベーステーブルはもっともスタンダードなイームズテーブルであり、そのフォルムや耐久性から永く愛用されています。

ハーマンミラー社にてもっとも古くから製造販売を続けているテーブルシステムでもあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シンプルかつスタンダード

テーブルラインナップ

(https://www.hermanmiller.com/ja_jp/products/tables/conference-tables/eames-tables/product-images/eames-tables-family/496c4546-bb37-4845-9bc0-b242eb8821f1/)

イームズ夫妻は1957年から1964年の間に様々な場所で活用できるようなテーブルシステムをデザインしました。

大きさやサイズや高さを変えることで、オフィス、ホーム、施設などどんな場所でもスタンダードなテーブルの良さを取り入れることが出来るデザインです。

コーディネート風景

その中でこのイームズコントラクトベーステーブルがもっとも普及しているイームズテーブルです。

足元のポリッシュドアルミニウムと天板のシンプルさの対比がバランスとしてちょうど良く、ダイニングテーブルとしてもミーティングテーブルとしても用途を問わずどこでも使えます。

合わせる椅子のテイストも選ばないのがこのデザインの良さです。

現物の写真

また、堅牢で丈夫な作りをしているため長いあいだ使用することが出来ます。

ヴィンテージ市場でも使用できるクオリティの物が多く現存しています。

何十年も経ち時代を超えても空間に合わせられる名作テーブルです。

その頑丈さは新品での保証期間が12年間という自身にも表れています。

イームズハウス内

(herman miller INTERIOR VIEWSより)

ちなみに、イームズハウス内で使っているテーブルとは似ていますが違うものです。

ハウス内のテーブルは脚が670ベースというもので、イームズラウンジチェアのベースと同じものを使っています。

よく見るとベースの先の脚が5本に分かれているのが確認できるはずです。

【必読】名作家具イームズラウンジチェアのストーリーと模倣品について
アメリカンミッドセンチュリー期を代表する正規品のイームズラウンジチェアは最高峰の安楽椅子でもあります。 そのストーリーと発売時の意外な評価、そしてタブーでもある模倣品の話をします。
【憧れのイームズ邸】イームズハウスの内部に入ってきた話
ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが通常は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズのひ孫に案内してもらった話を書きます。

イームズのテーブルといえばこのテーブルでしょう。

価格が控えめなのは、ハーマンミラージャパン販売のテーブルは日本製造だからです。

そのため、米国とテーブルのラインアップに違いがあります。

【Herman Miller正規販売店】イームズコントラクトベーステーブル 丸テーブル Eames Contract Base Tbale
イームズでもっともスタンダードなコントラクトベーステーブルです。 安価で頑丈かつどこにでも合わせられるデザインが人気の要因です。 愛知県名古屋市栄のハーマンミラー正規販売店。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告