「こけし」とイームズの関係

日本人にはなじみ深い「こけし」

wikiの充実っぷりにびっくり。

そんな「こけし」ですが、イームズと「こけし」は結びつきます。そんな話。

この写真、ハーマンミラー米国本社内なんですけど、こうやって「こけし」が棚にたくさん飾られています。

どうして「こけし」がイームズやハーマンミラーと結びつくのか、ご存じない人のほうが多いと思うので話しますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




理由は簡単で、イームズは「こけし」をコレクションとしてイームズハウスに飾っていたからです。

彼らは民芸品が好きで収集していたんです。世界各地の民芸品や郷土品をたくさん所有しています。
つまり、「こけし」もただ単に日本の民芸品として気に入ったってことでしょう。入手経路は知りません。贈り物か、自身が日本に行った際に持ち帰ってきたのか。

私がイームズハウス内に入った時に「こけし」は・・・あったと思いますよ。たしか。

ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが通常は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズの孫に案内してもらった話を書きます。

一番でかい本棚に飾ってあるんです。イームズハウス関係の本を持っている人は見てみてください。
鎌田 文市 氏の「こけし」をイームズさんは所有していました。

そんなわけで、アメリカンミッドセンチュリーが好きな人は「こけし」をコレクションしていたりするんです。

ここで一度フラットな気持ちで「こけし」を見てみてください。初めてこのビジュアルを見たつもりで。
どうですかね、そうしたらキュートなオブジェに見えませんかね。

気に入ったら置いてみるといいんじゃないでしょうか。
話のネタにでもどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告