youtubeをやっていますのでチャンネル登録お願いします
ハーマンミラー製品価格改定のお知らせ

大幅値上がりをします

詳細はこちら
スポンサーリンク

NYの最高の体験「エンパイア・ステート・ビル」と展望台への行き方

私の好きな建築の一つがエンパイア・ステート・ビルディングです。

ニューヨークにあるシンボル的建築ですね。

アールデコ期の傑作建築です。この直線的なまさにデコ!といった感じが大変好みです。

 

一度行ったことがあるのですが、ずいぶん良い思い出となりましたのでその時のことを書きますね。今から行く人のために参考になることも書いておきます。

 

スポンサーリンク

エンパイアステートビルの展望台への行き方

 

まず、エンパイアステートビルディングのHPには日本語のページも用意されているんですよ。

 

Visit New York's Empire State Building | Empire State Building
Come visit the Empire State Building soon. From its rich history and unique design, the landmark is New York's can't miss experience. Check back for opening inf...

 

場所はここですね。

 

このエンパイアステートビルですが、現地に到着すると入口周囲にチケットを売る人や、『ビル内を案内するよ』って人がワラワラいるのですが無視して中に入ってください。高くつくだけです。公式の人たちではありません。

チケットを持っていなくても大丈夫です。中に入ってから購入できます。

 

中に入ったらロビーがありますので、そのまま右奥のエスカレーターで登って行ってください。チケットを持っていなくても不安にならなくてもOKです。必ずチケット売り場に行けます。

 

エンパイアステートビルの注意点として、内部に入る前に空港並みのチェックがあります。

事前に持ち込めないものリストを見ておいてくださいね。

 

 

エンパイアステートビルでは下記の物を禁じています。 これらの物をセキュリティ検査に持って行かないでください。 押収物は返却されない場合があります。 このリストは完全なものではありません。確信がない場合は、持って行かないでください。 質問や不安がある場合は、勤務中の警備員に問い合わせてください。

 

エンパイアステートビルでは、銃、弾薬、ナイフ、刀、はさみ、催涙スプレー、危険物、危険性のある軍用/民生用の品を含むあらゆる武器の持ち込みを厳重に禁止します。

瓶、グラス、ビー玉などのガラス製品
酒類
カン、ボトル、フラスクなど
プロ用カメラ、機器、カメラスタンド、モノポッド、二脚、三脚
スケートボード、ローラースケート、ゴルフクラブ、野球バット、ホッケースティック、野球、フットボース、テニスボールなどのスポーツ用具
スプレー式塗料、マジックペンなどのマーカー用具
楽器
大きい荷物、スーツケース、手荷物、その他の小包
コスチュームやマスク

エンパイアステートビルには私物用のロッカー保管設備がありません。

HP参考箇所URL http://translate.esbnyc.com/local/jp/faq.asp

 

空港と同じようなチェックですので、靴を脱いで金属探知機を通ることになります。

あんまり荷物は持っていかない方が無難ですよ。

 

それを超えたらやっとチケット売り場にたどり着きます。

 

 

エンパイアステートビル展望台のチケット購入

Main Deck Only

詳細

86階のみ チケット購入

大人$29高速エレベーターで86階の展望台に直行して、素晴らしい眺めをお楽しみください。
シニア(62歳以上)$26
子供(6~12歳)$23

Main Deck Express

詳細

86階、待ち行列なし チケット購入

すべての来場者(6歳以上)$50.0086階の展望台まで待ち行列をすべて省いて、素早く到着できます。

Main Deck + Top Deck

詳細

86階と102階 チケット購入

大人$46上空400メートルの市内で一番高い展望台からニューヨークを一望できます。
シニア(62歳以上)$43
子供(6~12歳)$40

Main Deck + Top Deck Express

詳細

86階と102階、待ち時間なし チケット購入

すべての来場者$67.00両方の展望台まで待ち行列をすべて省いて、素早く到着できます。

HP参考箇所URL http://translate.esbnyc.com/local/jp/buy_tickets.asp

 

展望台に行きたいだけなら86階までで充分です。

最上階の102階は最も高い場所からNYを見下ろせる体験が出来るのですがガラス越しの室内です。

最も堪能したいのなら102階、カジュアルに楽しむなら86階で良いと思います。

 

チケット売り場で102階まで買うかどうか悩んだら、とりあえず86階まで行ってください。

あとで行きたくなったら86階で102階行のチケットを券売機で買うことが出来ます。安心してください、

 

それからエレベーターで順々に上っていきます。

基本的に現地のスタッフの指示でエレベーターの乗り降りはしてください。エレベーターのボタンを勝手に押さず指示通りにしてください。

 

まず80階でエレベーターが止まります。

ここはエンパイアステートビルディングの歴史が展示されています。眺めておきましょう。

この階でエレベーターを乗り換えます。

 

そして86階に到着すると待望の展望台です。

室内から外に出ることで景色を楽しむことが出来ますよ。

 

夜に行けば世界最高峰の夜景を楽しむことが出来ます。

さすが大都会、壮大ですよ。

 

ただ、私が行ったときは小雨が降っている天気の悪さだったので曇り空です。本来はもっと見通しが良いはずですよ。

それよりも風速がすごかったです。この時はハリケーンが近かったというのもあり強い風が吹いていました。それが86階の展望台ではとても立っていられないほどの風速でした。おかげで誰もいなかったので随分と空いていましたよ。10月のはじめとはいえ、肌寒い季節ですからわりと辛かったです。風が強すぎて外に出る扉を開けることすらできなかったほどです。スタッフと一緒に扉を開けました。

 

スタッフから「今日は風が強いけどいいか?」ところどころで尋ねられたんですけど、「強いって言っても知れているでしょ」って甘く見ていたらとんでもなかったです。

どうやら高層階ということもあり普段から風は強いみたいです。私が行った日は特別に強かったです。

 

ニューヨークの夜景を楽しむなら建築的に素晴らしいエンパイアステートビルディングがお勧めですね。

建築も素晴らしいですよ。美しくそびえる姿が格好良いです。

 

行った際にはぜひ。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリーデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)のお店です。オンラインショップはamazon payと楽天ペイの利用が可能です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。関東に倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザイン/法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。

建築や場所や行ったところ
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました