アーロンチェアご購入者へ専用アームカバー/エンボディチェアご購入者へフットレストのプレゼントをしています。不要椅子の同時回収処分もやっています。セイルチェアの受注生産仕様の在庫もご用意。こちらから在庫一覧で購入できます。
スポンサーリンク

ミッドセンチュリーと茣蓙(ござ)の意外な関係

茣蓙

これはイグサを編んで作られた「茣蓙(ござ)」です。

日本人なら馴染みのある古来からある敷物ですね。

薄い畳(たたみ)みたいなものです。

 

こうした赤や色の組み合わせでモダンな見た目にした茣蓙も作れます。

日本人に馴染みはあると書きましたが、最近の都会育ちの若い人はもしかしたら見たこともないかもしれませんね。

 

この茣蓙ですが、意外とミッドセンチュリーとも関係があるものなんです。

ミッドセンチュリーモダンコーディネートを印象付ける重要なエレメントになったりしますよ。

 

【ミッドセンチュリーとは】ミッドセンチュリーの正しい意味を詳しく説明
家具インテリア業界におけるミッドセンチュリーとはどんな意味でしょうか。 誤用や本来の意味とは違った言葉として使われていますので、本当の意味のミッドセンチュリーを書きました。

 

スポンサーリンク

茣蓙とミッドセンチュリーの関係

 

茣蓙がミッドセンチュリーとどう関係するのかその理由はこれらの写真を見るとわかります。

 

ESU発表展示会(書籍 MID-CENTURY MODERN FURNITUR OF THE 1950s BY CARA GREENBERG カメラ直撮り)

1949年にデトロイト美術館で開催されたイームズストレージユニット(ESU)の発表風景です。

茣蓙を下に敷いています。

ESU自体、和箪笥からインスピレーションを得ていますので相性はより良いですね。

 

イームズデスクユニットは工業製品の美しさをもつ名作家具
1949年に発表されたイームズ夫妻の名作家具イームズデスクユニットは、工業製品としてハイテクを体現した美しい構成が魅力です。 ストレージユニットと同時期にデザインされました。

 

イームズハウス内の茣蓙(書籍EAMES カメラ直撮り)

イームズハウス内でのインテリアーコーディネート写真です。

アレキサンダー・カルダーのスカルプチャーに、エーロ・サーリネンのウームチェア、そこに茣蓙です。

すごい組み合わせ。

 

モビールを作った彫刻家アレクサンダー・カルダーの解説と作品
モビールを作った彫刻家であるカルダーはどんな人物か説明しました。 彫刻として画期的なデザインを数多く残しました。
【試作品から成り立ちまで】ウームチェアのストーリー
エーロ・サーリネンの名作ラウンジチェアといえばウームチェアです。 正規品は今も昔も米国のノル社からリリースされています。 ウームチェアのストーリーと試作品たちについて書きました。

 

イームズハウスの庭で茣蓙(書籍 MID-CENTURY MODERN FURNITUR OF THE 1950s BY CARA GREENBERG カメラ直撮り)

イームズハウスの庭でアームシェルとイームズワイヤーベーステーブルと茣蓙を合わせたコーディネートです。

座布団もありますしジャパンスタイルですね。

 

イームズワイヤーベーステーブルの話とスツールにするアイデア
小ぶりなサイズが特徴のこのイームズワイヤーベーステーブル(LTRT)は1950年に発表されました。 1940年後半からイームズ夫妻はワイヤー組みの家具製作をしており、その中でこの日本のお膳のようなデザインの小さなテーブルを作り上げたのです。すき焼きパーティーに使われたり、オットマンやスツールにされたりと万能なデザインです。

 

というように、チャールズ&レイ・イームズ夫妻は茣蓙をインテリアデザインとして使っていたんです。

写真のように彼らの自宅であるイームズハウスで敷いていたり、展示会で床に敷いたりと様々な場所で活躍をしていました。

 

イームズの現在の評価とブームの話から家具の歴史とイームズデザインを一挙紹介
米国・ロサンゼルスの建築家/家具デザイナー/映画監督でもあった「チャールズ&レイ・イームズ」は、家具やインテリアにちょっとでも興味を持った人なら、もはや見たことがない人はいないであろう伝説的な人物です。 とくに「イームズシェル...

 

ミッドセンチュリーモダンを代表するデザイナーと言えばイームズ夫妻です。

なので、そんな彼らがインテリアデザインとしても活用していた茣蓙はミッドセンチュリーとミスマッチではありません。

 

茣蓙のコーディネート

でも、茣蓙を上手くコーディネートさせるとなるとかなり難しいでしょうね。

普通に茣蓙を加えたら、ただアンバランスな印象がでるでしょうから、そこはなんとかうまくミッドセンチュリーモダンとして合わせないといけません。

 

ラグをどうするか悩んだ時に、ミッドセンチュリー流のコーディネートとして茣蓙をミックスさせるとすごく面白いと思いますよ。

これが出来るかは腕の見せ所です。

 

茣蓙自体は丈夫で通気性も良く、香りも楽しめるものなんで利便性は良いものです。

クッション性だけ乏しいので、その辺どう使うかですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました