ウームチェアのストーリー

ウームチェア正面

この特徴的なデザインのラウンジチェアは「ウームチェア(Womb Chair)」です。

“ウーム”は”子宮”という意味です。まるで女性の子宮の中にいた時のような包まれる安心感を体現した回帰をモチーフにしたデザインです。

この椅子がデザインされたのは1948年です。デザイナーはエーロ・サーリネン。

当時も今も米国のKnoll社によって正規品が製造販売されています。

超名作椅子として60年以上も愛される椅子の一つですね。

建築家であり家具もデザインしたエーロ・サーリネン。ペデスタブルシリーズやウームチェアはあまりにも有名です。 Knollとの関係も深い彼のストーリーを書きました。チャールズ・イームズとも関係が深い人物です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




このウームチェアは完成形の至るまでにいくつかの試作品を経ています

ウームチェア試作

まずこれはクランブルックアーカイブに保存されている画像です。

ファブリックを張りぐるみした座面ではなく、成形合板(プライウッド)をそのまま活かしたデザインとなっています。

見えませんが、座る部分の表側はウレタンとファブリックが貼っております。

脚の先のグライズが大きくてかわいいです。

ウームチェアプロトタイプ

こちらもクランブルックアーカイブのものです。

こちらの試作品は背と座は現在のウームチェアに近づいていますが、脚がヘアピンのようなレッグになっています。

この年代はこういった”ヘアピンレッグ”構造の家具はいくつか存在しました。

こうした試作品があったんです。

そもそもウームチェアはどういった経緯でデザインされるようになったのか

それは1940年代の話です。

エーロはKnoll社にて最初のデザインである「グラスホッパーチェア」の完成後に、フローレンス・ノルとともに新しい椅子のシリーズを議論していました。

エーロ・サーリネンがKnoll社から最初に発売した製品はイスでした。 スカンジナビアンデザインとアメリカンデザインを合わせたような魅力ある製品です。

フローレンス・ノルは「クッションを使用したバスケットのような座り心地の椅子」という要望をエーロに伝えます。

Knollにおいてもっとも重要な人物のひとりであり、ミースやサーリネンなど優秀なデザイナーを同社に導いた立役者でもあります。 彼女はデザイナーとしてモダンで名作な作品を残しています。

それにエーロは3つだけ提案をしました。珍しい行動にフローレンスは驚きます。

なぜならエーロは当時、何百も提案をするということで知られたデザイナーだったからです。

そのエーロが厳選した提案を3つだけです。

その3つが70シリーズです。

71アームチェア

肘掛のある71アームチェア(71 Arm Chair)

72サイドチェア

肘掛のない72サイドチェア(72 Side Chair)

ウームチェア

そして73ラウンジチェア(73 Lounge Chair)

これが後のウームチェアという名称を付けられリリースされました。

71と72も製造販売されることになり現在もKnoll社にて製造されています。

ウームセッティ

さらにその後、二人掛けのソファに改良したウームセッティ(Womb Settee)もリリースされますが、わずか3年間の製造で終了しました。

ですが2016年よりKnoll社にて正式に復刻されました。

ウームチェアは今も昔も最上のラウンジチェアの一つとして君臨しています。

くつろぎを求めた至上の逸品です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告