偵察行為のイヤなところ

風景

偵察行為はされます。

視察なんて言い方もしますけど、ようは同業なり競合なり業界関係者が、相手がなにをやっているのか実際に入店して調査する行為のことです。

私は1人で小さなお店をやっているのと、さらに地元ではほとんど交流を持たないので周りから見ると謎な存在です。(交流を拒否しているわけではありません。ただほとんど無いだけです。新参なのに自分からアピールしに行くことが無かったので。)

でも名古屋では実績もある存在なので気になるのでしょう。

県外からの人たちも普通にいるでしょうけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




偵察に来る人たちは特徴があります。

・入店時に目も合わそうともしない、挨拶もしない。

・マスクをしている。

・おもに二人組で来店する。特に片方が30代40代以上でもう一人が若手といったケースが多いです。

・妙に愛想が良いケースもあり。

・目つきが違う。

・「見積もり書いて」と要求する。

・使う単語が一般的じゃない業界内でしか使わない言葉を使う。

偵察行為の何が嫌かっていうと、名乗らないし所属を絶対明かそうとしないのに、そのくせなんか偉そうな態度で見回りされることです。まるで自分の方が立場が上で、評価してやっているんだぐらいの態度なんです。

二人でコソコソと「・・・これなになにですよね・・・」「・・・ああそうだな・・・」なんてことをやっていますし。

1人で来てなにかメモっている場合もあります。

偉そうな態度であれやこれや聞いてきたり、買う気もないのに情報を引き出そうとしたり最悪です。

最初のころは私も偵察だとかよく分からなかったので言われるままだったのですが、いまはそんなことないので名前を聞いたり名刺交換を促したり目的を聞いたりします。

それで教えてくれる人はまずいません。大体態度がさらに悪くなって逃げるように出ていきます。性根が腐ってますね。

偵察が嫌と言うより、その態度が嫌ですね。

中にはコソコソしずに「家賃どのぐらいなの?」とか「売れてるの?」とか自分だ誰かも明かそうともせず馬鹿にした態度で臨んでくる人もいます。怒らせるのが目的でしょうかね。

別に名乗ってもらえたら私も普通に対応します。

頑なに自分の身元は隠すんですから・・・

最初から「〇〇です。」と名乗ってもらえたら円滑なコミュニケーションがとれるのに・・・

名乗ってもらえたら偵察だろうが、私から話が聞きたいんだろうが、なんだっていいんですよ。

別にこっちだって同業を拒絶しているわけじゃないんですから、名乗ってもらって目的を言ってもらえたら構わないんです。むしろそっちの方が円滑で有用な情報が手に入るはずです。

それをわざわざ最悪な態度で乗り込むからいがみ合う結果になるんです。ただ私を傷つけるだけです。

一番最悪な偵察は、わざと長時間の接客をさせる行為です。

それから勉強のためと言って悪気無くそういった行為をする人です。

私が製品について詳しいからってことで、忙しい時間帯に数時間も私を拘束して接客させるんです。試すんです。他の純粋なお客さんの対応をさせないんです。それで最後には「いや買うつもりはないんですよ」「参考になりました」とか言いだして帰るんですよ。

これ過去に何度もあってひどいなと思いました。もはや営業妨害です。

偵察したいのなら、モラルを持って相手に接すると良い結果になるはずですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告