アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

イームズ夫妻所有のクジラの民芸品を製品化した「イームズハウスホエール」

イームズハウスホエール1

– Eames House Whale –

デザイナー:Charles & Ray Eames (チャールズ & レイ・イームズ)

 

チャールズ&レイ・イームズ夫妻はロサンゼルス・パシフィックパセリーズにある自邸であるイームズハウスに、世界各地から集めて来た民芸品をコレクションしていました。

たくさんの民芸品の中でクジラをモチーフにした一際大きな木製のオブジェがあります。

そのクジラはアノニマスな北米の民芸品でした。

これをヴィトラ社がイームズオフィス協力のもと製品化しました。

 

イームズの現在の評価とブームの話から家具の歴史とデザイン一覧
ミッドセンチュリーを代表するデザイナーであるイームズ夫妻の家具デザインは現在ではいったいどのような評価を受けているのか書きました。 イームズブームの話から彼らの家具を一覧にして紹介もしていますのでイームズを知りたい人にお勧めの記事です。

 

スポンサーリンク

イームズハウスにある鯨を製品化

イームズハウスホエール2

イームズ夫妻は民芸品をコレクターとして集めたいたのではなく、インスピレーションの”きっかけ”として周囲に飾っていました。

イームズハウスにはたくさんの民芸品が飾られており、このクジラのオブジェは全長2mを超えるとてつもない巨大な存在でした。

イームズオフィス協力の元、オリジナルクジラを忠実に再現をするだけでなく、製品化に当たりサイズを全長70cmまで小さくすることで家庭にも飾れる現実的な大きさになっています。

 

【憧れのイームズ邸】イームズハウスの内部に入ってきた話
ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが通常は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズのひ孫に案内してもらった話を書きます。

 

・・・2m越えだったら誰も買わないでしょうからね。

いや、逆にそれで200万円とかにしたらどこかの誰かが買いそうではありますか。

 

イームズハウスホエール3(製品のギャランティカード直撮り)

このクジラはイームズ夫妻のコレクションの中ではイームズハウスバード同様に注目を引いている存在ではありました。

この写真のようにハーマンミラー社のインテリアスタイリングのアクセントとして撮影されていることもあり、以前からこのクジラはいったい何なのかと興味を持つ人はいました。

 

それにしてもこの巨大なクジラを移動するのも大変ですよね。

イームズ夫妻も最初このクジラを見つけた時に、買ったのかなんかのかわかりませんがどうやって持って帰ろうか悩まなかったのでしょうかね。

 

イームズハウスバードの説明とオリジナルと模倣品について
イームズハウスに飾ってある有名な黒い鳥。それがヴィトラ社が製品化したイームズハウスバードです。 しかし模造品が大量にあります。リプロダクト?ジェネリック?おかしいですね、ありえない存在です。

 

イームズハウスホエール4(製品のギャランティカード直撮り)

また、1949年にハーマンミラーロサンゼルスショールームをイームズ夫妻が手掛けた時に、内装としてこのクジラを飾っていたこともあります。

あまりのインパクトのある大きさとデザインですから、気に留めないほうが難しいぐらいです。

 

上から見たクジラ

このクジラのオリジナルはイームズファウンデーションで保管しています。

具体的にはイームズハウス内にあります。

以前私がイームズハウスの内部に入った時に、スタジオ側の2台並んだESU4段の上に飾ってありました。

すごい威圧感がありましたよ。

 

ミニチュアイームズハウスのスタジオ

ミニチュアの写真ですが、赤矢印のここです、この上に置いてありました。

今も飾ってあるかは分かりませんけど。

 

私も実物を見たことがあるので、今回の製品化がどれだけ忠実にできているかわかります。

ハンドペイントで良く描かれています。

 

ミニチュアの写真はこちらから

[イームズハウス:より良い暮らしを実現するデザイン]に行ってきました
竹中工務店が運営するギャラリーエークワッドにてイームズハウスに焦点を当てた貴重な展示が行われています。 その模様と感想、そしてイームズの孫によるシンポジウムの話も書きました。

 

今回製品化されたイームズハウスホエールも、同じようにESUの上で飾ったら面白いですね。

イームズファンなら欲しいところですし、イームズ関係なくインテリアデザインとして一生飾って置ける趣味としたら素敵です。

 

【Vitra/ヴィトラ】 イームズハウスホエール Eames House Whale
イームズ夫妻がコレクションしていた北米の木製民芸品をヴィトラ社が製品化しました。 ハーマンミラー社のインテリアデザインにも登場するこのクジラは、オリジナルのサイズは全長2m以上もある巨大なものでした。 製品化に当たりサイズを縮小して家庭でも飾れる木製インテリアオブジェとして生活を豊かにします。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました