イームズ夫妻による最初の作品【レッグスプリント】

イームズ夫妻による最初のプロダクトをご存知ですか?

イームズシェルチェアですか?違いますよ。家具ではないんです。

タイトルで答えを書いてしまっているんですけどね。

正解は・・・

レッグスプリントでした。

これは第二次世界大戦中に活躍した、負傷した人間の足を固定する”添え木”です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レッグスプリントとはどういった経緯で作成したのかは、チャールズ・イームズストーリーで書きましたね。

この部分です。

同年 医者からの相談によりレッグスプリントの開発に乗り出します。

夏には完成して量産に入り、海軍から5000個の注文が入るほどの多忙ぶりだったようです。
ここでプライフォームド・ウッド社を設立し、ハルバート・マターやハリー・ベルトイアも参加して多くの人数で作業をしていたそうですが、それでも納期に追いつかないほどでした。

1943年 資金繰りに困る。

エヴァンスプロダクツ社の社長と彼は会い、プライフォームド・ウッド社の製造・販売権を買い取ってもらいます。
最終的には15万個以上生産されたらしいです。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。

このレッグスプリントが上写真のものです。

一見すると成形合板で作成したアートみたいですけど、よく見ると添え木として合理的に考えられたデザインです。

ちなみに上写真の光景は、ミシガン州のグランドラピッズにあるハーマンミラー米国本社のグリーンハウスで自分が撮ってきた写真です。

ハーマンミラー米国本社にあるグリーンハウスは、オフィスとファクトリー両方の機能を併せ持っています。 家具業界で唯一トヨタ生産方式で製造されていますよ。

こちらは同じくグランドラピッズにあるハーマンミラー社のグループ工場のエントランスで撮影した写真です。

プライウッド製造に関係する工場ですから伝統として飾ってあるのでしょうか。

このレッグスプリントも今となってはコレクションアイテムですね。
昔に比べるとレア度が上がっています。数が増えることはないので当然でしょうか。

台座はアイデアアイテムですからオリジナルを各々でみなさんで作っているものです。
この写真はハーマンミラーの工場ですし、ある意味ではオフィシャルの台座とも言えます。レッグスプリントの説明文も書いてありますし、これだけ販売したら欲しい人がたくさん居そうですね。

レッグスプリントは実用的な道具なのですが、デザイン的に優れているということで誰かが最初にこうして立てた状態に飾ったことでアイデアが広まったのでしょう。

オブジェ、アートとして飾っておくと素敵よね。というものなので、そんなものを探している人と、イームズ好きだよね!という人に最適です。

なにせイームズファーストプロダクト、持っておくには価値がありますから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告