イームズデザインでもっとも高額な「イームズソファ」

イームズソファ

– Eames Molded Plywood Folding Screen –

デザイナー:Charles & Ray Eames

 

イームズプロダクトで最も高額なデザインはこの”イームズソファ”です。

デザインされたのは1984年なので既にチャールズ・イームズは他界しています。

ですが、チャールズの遺作とも言うべき作品がこのイームズソファなのです。

 

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。

 

スポンサーリンク

まさに高級ソファでありチャールズ・イームズの遺作

イームズソファの実物

もともとこのソファは1967年には試作品が存在しました。

その試作品は70年代に入るまでプロジェクトは進行されず、1976年にチャールズ主導により完成形に近いイームズソファのプロトタイプが出来上がります。

しかしチャールズは1978年に亡くなってしまいます。

 

その後レイ・イームズを代表に据えたイームズオフィスが引き継ぐことで、1984年にとうとうイームズソファとしてハーマンミラー社からリリースされることになりました。

 

レイ・イームズの紹介とその生涯
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

 

こういった経緯からチャールズの遺作といっても良い家具だと思います。

まだミッドセンチュリー期を超えた最近のデザインなので初期に購入した人の物がやっとヴィンテージ品になったぐらいです。

 

後ろから見たイームズソファ

ただひたすらに格好良いスマートなデザインに誰もが憧れる最高のソファの一つです。

イームズラウンジチェアのソファ仕様に見えないこともないこのソファは、2018年の国内価格で2シーターが150万円近くします。※2019年加筆時点で160万以上。

どうしてここまで高額になるかというとそれは素材選びと製造方法にあるからです。

 

イームズソア裏側

この写真は私がハーマンミラー米国本社の工場を見学に行ったときに撮ったものです。製造している光景を価格も納得します。

フレームにはウォールナットの無垢材(オイル仕上げ)を贅沢に使用をし、アルミダイキャストの脚や肘掛を装着。ウェイビング張りの上に重厚なウレタンレザークッションを使った非常にクラフトなデザインです。

これほどの作りなら長年使える頑丈さをもっているはずです。

 

ハーマンミラー米国本社 工場に行った話
ハーマンミラー米国本社にある各工場を案内してもらいました。 イームズやネルソンといった名作プロダクトはここで作られています。

 

イームズソファ光景

ソファとしてこれほど重厚ながら重すぎないデザインは素晴らしいです。

置くだけで雰囲気が変わりますから長年愛することが出来るソファを求める人にはお勧めできます。

イームズデザインの最高傑作の一つとして、ソファとして最高峰の一つとして愛されるプロダクトです。

これこそが本当の高級家具です。真の高級ソファ。

 

ただこの価格帯のものを相談もせずに買うのは考えられないので、プロに相談しつつちゃんとした正規販売店でお求めください。

私のお店ではオンライン販売だけでなく、イームズソファの実物に座ってもらいながら相談してもらうこともできますよ。

 

【Herman Miller正規販売店】イームズソファ Eames Sofa
イームズソファはチャールズ・イームズの死後、1978年に彼の遺作としてイームズオフィスが完成させたものです。 1984年に製品化されハーマンミラー社のクラフトマンシップにより製造が続けられています。 イームズ夫妻の真髄を感じれる究極のデザインです。

 

ハーマンミラー製品を買うならこのお店【アーロンチェアのプロ】
アーロンチェアやイームズチェアが特に有名な米国のハーマンミラー社の製品を購入するには正規販売店(正規販売代理店)が一番です。その中で愛知県名古屋市栄にあるこのお店がハーマンミラー製品やアーロンチェアを名古屋で購入するには最高です。全国から多くの注文が入り実績を持ったこのお店はオーナー1人で経営しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました