パワーズオブテンの話

チャールズ・イームズといえばデザイナーであり建築家であり映像作家として知られていますよね。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。

その映像作家の部分について。彼は映画監督なんですよ。

イームズの一番有名な映像作品といったらこれでしょう。


「POWERS OF TEN」 (パワーズオブテン)
1977年の作品です。
eames oficceの公式で公開されているものなので貼りました。

Powers of tenは”10のべき乗”という意味です。
宇宙の果てからミクロまで。が映像とされています。

この年代に超画期的な作品です。CGもないですしね。

このアイデア自体はCosmic View(コズミック・ヴュー)という本をヒントにしているそうですよ。こちらは1957年に発行されました。
その本を見たらわかるのですが、ヒントというか、その本そのままです。それを映像化している感じです。そこにPwores of Tenというアイデアが斬新です。

音楽はいつものエルマー・バーンスタインですよ。

1968年に白黒のパイロット版も存在します。

こういった活動をしていることも彼の魅力ですね。

ところで、

名古屋市科学館にはそのパワーズオブテンを題材にした展示があるそうです。
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/cgi-bin/visit/exhibition_guide/exhibit.cgi?id=A516

行ったこと無いのでどんなのかわかりません。すいませんなんか。

興味があれば行ってみるといいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告