家具のサイズ表記の意味と説明

家具の仕様を見る時に、サイズ部分でこんな表記をよく見るはずです。

例)

イスの名前

¥100,000(税別)

W600 D400 H800 SH400mm

といったような、アルファベット1文字表記です。

単純に単語の頭文字を記載しているのですが、どういった意味か教えますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




W=wide  横幅のサイズですね。

D=deep  製品を前面から見た状態での奥行きです。

H=high  高さですよ。一番低いところから一番高い部分まで。

SH=seat high  イスの場合この表記があります。地面から座面までの高さです。

他には、

φ=直径記号  ファイ、パイなんて読みます。

円形の製品の場合、直径サイズを指す時にこの表記を使ったりします。

L=length  長さです。日本ではあまり使われないです。海外だとこの表記を見ますね。

もしくは、極端に細長い物の場合にLongという意味で使います。

それから、国内ではmm表記が一般的です。

海外だとそうではないので、アメリカの家具会社だとinch(インチ)をよく見ます。

サイズ表記

だから、こんな表記です。このサイズ表記を見て「すごい小さい!」って思わないでくださいね。

インチなので、2.54cmをかけてください。そうすると、横幅はつまり65.4cmということですよ。

1inch=2.54cm=25.4mm

.(ピリオド)がある時点でインチだと思ってください。

あんまり説明していないであろうサイズ表記についての説明でした。

”幅”とか”高さ”って書けばわかりやすいんですけどね。

海外の製品だと見栄え重視でアルファベット一文字で表記します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告