ハーマンミラー米国本社 デザインヤードに行った話 | 名作家具とデザインの話

ハーマンミラー米国本社 デザインヤードに行った話

ミシガン州グランドラピッズにあるハーマンミラー米国本社を案内してもらった際に、ハーマンミラーゲストハウスに泊まっていました。 そこがあまりにも素敵だったので、その話を書きました。

ハーマンミラーゲストハウスに泊まりながら、二日かけてハーマンミラー米国本社や工場を案内してもらいました。

日本からの参加者全員で車に乗り合わせて移動をしていましたよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ハーマンミラー米国本社はここにあります。

ハーマンミラー米国本社はミシガン州グランドラピッズのジーランドという都市にあります。

ジーランドは歴史的にオランダからの移住が多く、そのジーランドという名前もオランダにある地名から名づけられました。

このグランドラピッズは家具製造工場やメーカーが多く家具の街とも呼ばれています。

ハーマンミラーは1905年にその前身であるミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーの時代からジーランドに拠点を構えている伝統のある場所です。

とうとう見覚えのある看板が。

ありましたよ、ハーマンミラー。

ようやく着きました。

ここがハーマンミラー米国本社のデザインヤード受付です。

中に入ったら、早速なにか飲む?ということで、受付の裏は長いカウンターになっており、好きなドリンクをオーダーできます。バリスタまで居ますからね。

お金がかかるわけじゃなくて、社員の福利厚生の一環です。

出社したらまずは一杯飲みながら、メールチェックなどのカジュアルな仕事をし始めます。優雅。

なかはそれはもうハーマンミラー製品やそれ関連家具インテリアばかりです。

実際にオフィスなわけですから、オフィス向け家具が主力のハーマンミラー社の本領発揮です。ここまで予算をかけて家具を用意したら、さぞ快適な仕事ができるだろうなって思います。

ハーマンミラー社が提唱するリビングオフィスが体現されています。

どこでも好きな場所を自由に使って、社員同士の偶発的な出会いもある柔軟な職場です。

籠って仕事したい人は、ちゃんとそれ用のスペースもありますよ。

私が特に良いと思った部屋はクラシックアイテムやデザイナーの写真などが飾られた「NELSON」と名付けられた応接室です。

ここは社長・役員デスクの後ろにあるミーティングルームです。

ここは私が今まで見たインテリアコーディネートの中でもトップレベルの素晴らしさです。

色遣いや素材選びがレベル高いんですよね。

ここはカフェテリア。

復刻したファイバーグラスシェルチェアを並べて、色合いがアメリカンミッドセンチュリーって具合です。

昼食は社内で用意してもらいました。

わざわざレストラン並のセッティングまでしてもらって・・・

しかもビュッフェ形式。

日本から来た我々だけのための準備です。

ハーマンミラーのホスピタリティの高さを実感しました。ふつうここまでやらないですよね。

専任の給仕さんもいらっしゃいましたし、食後にデザートやコーヒーまで持ってきてくれました。すごい。

非常に素晴らしい社内でした。

また行きたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告