アーロンチェアやイームズラウンジチェアを分割払い30回まで金利無料で販売しています
スポンサーリンク

ブラニフのためにデザインされたアレキサンダー・ジラードの名作ソファ「Sofa model 66303」

model 66303

– Sofa model 66303 –

デザイナー:Alexander Girard (アレキサンダー・ジラード)

 

ハーマンミラー社のテキスタイル部門のディレクターも務めていたアレキサンダー・ジラードは家具のデザインも手掛けており、彼が手掛けた中で唯一の製品化されたソファがこの「モデル66303」です。

特徴的なウイングが広がる印象的なソファです。

 

テキスタイル、建築、家具をデザインした「アレキサンダー・ジラード」
アレキサンダー・ジラードはハーマンミラー社のテキスタイル部門のデザインディレクターとして活躍しており、多くの魅力的なファブリックを世に送り出しました。 建築家でもあり、家具や内装のデザインもして、民芸品のコレクターでもある彼の生涯を書きました。

 

スポンサーリンク

アレキサンダー・ジラードによる名作ソファ

脚のアップ

このソファはもともとブラニフ航空のラウンジのためにデザインされました。

1965年にブラニフ航空は「The End of the Plain Plane」(さよなら退屈な飛行機)というコピーを掲げ、「アレキサンダー・ジラード」と「エミリオ・プッチ」とともに独創的なキャンペーンを始めました。

 

デザイン界に大きな影響を与えた伝説のエアライン「ブラニフ航空」とは
ブラニフとはなんでしょうか。それは航空会社です。 ブラニフ航空という伝説的なエアラインがアメリカにありました。そのデザイン性の高さには目を見張るものがあります。 エメリオ・プッチ、アレキサンダー・ジラード、アレクサンダー・カルダーも参加したその世界を紹介します。

 

ブラニフのラウンジ

ブラニフ航空のラウンジでは上写真のようにジラードがインテリアデザインを担当し、小物から家具まですべてを手掛けています。

そうしてファッショナブルでものすごい格好良い空間が出来上がっていました。

この時の家具類は後に製品化されます。

 

ジラードの家具ジラードグループファニチャー

それが1967年にハーマンミラー社にて発表されたジラード・グループ・ファニチャー(Girard Group Furniture)シリーズです。

ブラニフで使われた家具類をそのまま製品として量産し販売をしました。

ですが、短期間だけの販売だったのでヴィンテージ市場ではレアもの扱いです。

このラインナップにモデル66303もありました。

 

側面の写真

デザインのイメージはやはり飛行機でしょうか。

そのような記載が残っているのを見たわけではありませんが、肘掛の部分の広がりはまるで羽の様ですし、翼をイメージしていると言われたらしっくりきます。

アルミの足が特徴的で、このシリーズは共通したこの脚を採用されています。

どことなくイームズ感もネルソン感もありますね。まさにハーマンミラー社の家具というのが何故かわかります。

 

先述の通り短期間だけの製造販売なのでヴィンテージ市場では珍しいです。

現存が少なく海外の著名なオークションでも3シーターで日本円で100万以上で取引されるのが普通ですね。

 

今これが復刻したらそれはそれで受けそうです。

脚が長いですし一周して現代と相性が良いですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました