メトロクスから渡辺 力新作モビール ”シャンブル”がリリース

この度、メトロクスでは、新橋第一ホテル内のメインバーに飾られていたモビールを製品化いたしました。1972年、渡辺力氏によってデザインされたものです。 氏がよく好んで使用した銅板と無垢のチーク材の組み合わせで構成され、素材の重厚感とフォルムの軽やかさを合わせ持ち、シックな空間を演出します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




リキモビール シャンブル

サイズ
3連:W435×H360
4連:W435×H500
モビール1本:W435×H105×T8
モビール本体から天井までの吊糸の長さ:1m
材 質
銅板(バイブレーション仕上げ)、チーク無垢材(オイル仕上げ)、ナイロンコートワイヤー
価 格
3連:16,200円(税込)
4連:19,440円(税込)

渡辺 力 [ 1911 – 2013 ]
1911年東京生まれ。1936年東京高等工芸学校(現 千葉大)木材工芸科卒業後、ブルーノ・タウトが指導をしていた群馬県工芸所を経て、1949年渡辺力デザイン事務所を設立。1952年ローコストの椅子 「ヒモイス」 で注目を集め、1957年、トリイスツールと円形センターテーブルがミラノトリエンナーレで金賞を受賞する。1972年にデザインした日比谷第一生命のポール時計が代表作として広く親しまれている。戦後日本のデザイン黎明期に革新をもたらしたパイオニア的な存在である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告