仕事でミスがあっても怒らない

ミス

仕事でのミス(失敗)は誰しもあるものです。

私も多くの取引先さんと仕事をしていますので、相手のミスにより翻弄されたり困ってしまうことはあります。

でも私は怒ることがありません。

態度に出るようなことはあるのかもしれませんが、それでも語気を荒げたり、追究したりすることもないです。

それより、そのミスをどうやってリカバリーするかだけ考えます。どうすれば丸く収まるように出来るかです。

そのミスを怒っても何も状況は変わりませんからね。それに怒らない理由があるからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ミスがあって一番迷惑がかかるのは私のお客さんですから、まずそちらに対してどうするかだけ迅速に対応する必要があります。

私のお客さんが関わらない時でミスがあったら・・・もう別にどうでもいいですかね。ミスの連絡を受けたら「え~、わかりました」で終わりです。私しか困らないのならそれでいいですし。

ミスはですね、誰だってしますよ。

私もしますし人のこと言えません。

だから人のミスを怒るなんて出来ませんよ。自分が完璧じゃないんですから。

それに、相手がミスをしたからってわざわざ怒る必要なんてないんですよ。

ミスをして一番責任を感じているのは本人なんですから、そこをさらに責めたところで良い結果は得られません。

もっとも反省するのは自分自身が責任を感じた時です。だからそれで良いんです。本人が「しまった」と思っているのなら充分です。

それから、ミスを会社に報告しているでしょうから上司からいろいろ言われているかもしれませんしね。他社の人間である私がさらに追い詰めてどうするのかって話です。

自分もミスをしたときはひどく凹みます。だから相手がミスした時も同じ気持ちなんだと察すれば自ずと行動も見えてくるかもしれません。

自分が凹んだ時に、相手から怒鳴られたりしたらどう思いますか?その時の自分の感情が答えです。

ミスはするものとして、ちゃんとリカバリーさえうまくできればそれはミスではありません。

みんなが納得すればOK。終わりよければすべて良し。

しかし、世の中にはミスをしても何とも思わず、その対応すらしない人もいますけどね。ミスをしておいて放置ですから。もう何を考えているのか全然分かりません。報告もしずに後で発覚してヘラヘラしています。

繰り返されると困るのでさすがにこうした人には言いますけどね。でもこういった人種は指摘をされると不機嫌になるんですよ・・・何回かありましたね・・・結局こういった場合のミスは全部自分が被ることになります。

ミスをしたときに大切なのは、そのミスをどうするかの案を持って相手に伝えることだと思います。

私もミスをしたときは、お客さんに伝える時に「こうこうこうしますのでいかがですか?」のようにただミスを報告するだけでなく対応も伝えるようにしています。

相手もミスだけ伝えられても「だからどうしろと?」と困ってしまいますよね。

幸い私のお客さんたちは素晴らしい人格の方々ばかりなので、ミスをしてもちゃんと対応をすれば怒る人はいません。たぶん素晴らしい人たちだから私のお店に来てくれるんだと感じます。

それに甘えずミスはしないのが理想ですから、それに近づけるように努力したいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告