アーロンチェアご購入者へアームカバープレゼントと不要椅子の同時回収処分orフットレストをプレゼント&エンボディチェアご購入者はフットレストのプレゼントと不要椅子の同時回収のサービス
ザノッタ製品価格改定

2022年6月1日にザノッタ社の製品が大幅値上がりをします

詳細はこちら
スポンサーリンク

家具のレプリカとは?本当の意味と現在の使われ方について

家具のレプリカとは

家具のレプリカとはどんな意味なのでしょうか。

 

まずレプリカ自体の本来の意味は「オリジナル製作者により作られた複製品」です。

ハンドメイドで製作した一点もの(オリジナル)を、製作者自身がオリジナルをもとに製作した量産品を「レプリカ」と呼ぶのが本当の意味です。

 

しかし現在はレプリカの意味を本来の意味から外れた使い方をされています。

特に家具に関してのレプリカは模倣品、模造品という意味として使われるのが一般的になってしまいました。

レプリカは、リプロダクトやジェネリックと同じような意味で使われています。

>>「リプロダクト」「ジェネリック家具」とは?

 

イームズシェルチェアとラウンジチェアの写真

本来の意味からすると「家具のレプリカ」の本当の意味は「オリジナルデザイナーがデザインをした量産品」を指すことになります。

イームズシェルチェアで例えると、まずイームズ夫妻が1948年に原型となるイームズシェルチェアを作ります。これがオリジナルです。

それをもとに図面を起こしてハーマンミラー社が1950年から製造をして量産をして販売をしました。これがレプリカということになります。(1949年からの製造はゼニス社です。)

ですがヴィンテージ品である50年代製造の量産品をレプリカと呼ぶのはあまり聞いたことがありません。

 

レプリカの記事(↑20年以上前の雑誌には復刻品をレプリカと表現しています)

業界では昔から復刻品のことをレプリカと呼ぶ傾向にありました。

当時のヴィンテージ品を「オリジナル」と呼び、メーカーによる正規復刻品を「レプリカ」と呼んでいました。

レプリカはリプロダクトと近い意味で使われていました。

リプロダクトは本来「正規メーカーによる復刻品」を意味していますが、レプリカはオリジナルメーカーによる正規復刻品を意味して、リプロダクトはどちらかというとオリジナルメーカーではないメーカーによる正規復刻品を意味しています。

が、その辺は曖昧なので正確に呼び分けていた感じではありません。

イームズの製品もハーマンミラー社による復刻がレプリカで、ヴィトラ社による復刻がリプロダクトになるのでしょうが、特に決まった使い方はありません。

 

それが今ではレプリカ=模造品扱いなのはちょっとどうかな・・・?と個人的に思います。

意味がいろいろ変わってきてしまったおかげでオリジナルメーカーの復刻品をレプリカ/リプロダクトと呼ぶことは無くなりました。

ただし日本に限ります。

他国ではオリジナルメーカーの復刻品をリプロダクトと呼称することがあります。本来の意味として正しいからです。

日本は家具のデザインの保護がされづらいため意味を改変され広められてしまっているのが現状です・・・

 

ということでレプリカの本来の意味が何となく伝わりましたのでしょうか。

正しい使い方をしましょうという啓蒙活動のための更新ではないので、参考として読んでください。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

知っておくと良い知識や雑学
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました