アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

家具を売っていると腕時計をしなくなります

腕時計の絵

腕時計は社会人としてマナーと言われることもあります。

・・・いま言われないですか?・・・言われたりしますよね・・・?

 

時間を確認するのに腕時計は社会人として必要なものだとは思います。

現代はスマートウォッチ類の登場で腕時計の役割の幅がより広がったようです。

 

そんな私は腕時計をつけることはありません。

理由は簡単で不意に家具をキズをつける可能性があるからです。

 

スポンサーリンク

腕時計により家具をキズつけたくない

店内写真(狭い店内なので・・・)

若い時は腕時計を付けていたのですが、家具販売中心となると腕時計を付けていることが気になりました。

まず普通に店内を歩くだけでも腕時計で家具をキズつけてしまうことがありました。

在庫を取り出しているときや掃除している時なんかは特にです。

注意力の問題かもしれませんが意識していていないと接触することがあるんです。

 

それから家具の移動や持ち上げる時なんかは腕時計を外さないといけません。

確実に腕時計で家具を傷めるからです。

私の場合は一人で家具の販売から修理や移動や配達まですべてをしますので、そうすると毎度腕時計を付けたり外したりすることになり、それがあまりに億劫になったことで最初から腕時計を付けないという選択をするようになったんです。

 

出先で時間は確認するときはスマホで見るようにしています。

会議だろうと打合せだろうと客先だろうとスマホでOKです。

スマホを出しづらい場面では時間を確認しないだけです。

 

だから仕事柄によるものなので、腕時計を付けていないからといってマナーがない人だと思わないでくださいね。別に思っても構いませんけど

 

家具に限らず、他業種でも仕事の都合で腕時計をしない人たちはいます。

製造業、医療などなど。

腕時計するのがマナーと言われても、それが不都合になる人たちもいるということです。

 

でもあんまりスマホばかり見ていると相手から『早く切り上げたいのかな?』と余計な心配をさせますのであまり良くないですよね。

 

指輪

そう言いながら私は指輪を付けています。

『これ家具傷付けるでしょ!』と思われるかもしれませんが、基本的に手袋を付けるようにしているのでその辺は大丈夫です。

それに、指輪を外すのは一瞬で簡単ですから外さないといけない時は外します。

いくら手袋ごしでも家具が凹む場合がありますからね。

 

腕時計は手袋しても隠れません。

 

あ、懐中時計も一時期持っていたんですけど、胸ポケットに入れていたら屈んだ瞬間に落ちてしまうのでそれも家具に当たると危ないですし辞めました。

懐中時計をパンツやジャケットのポケットに入れていたらスマホを取り出すのと変わらないですしね。見栄えは違いますけど

 

何か良い身に着ける時計があると良いなと思います。

指輪時計があるのでそれにしましょうかね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました