快適に座ってPC作業をするためには運動や筋トレが必要

現代は仕事でパソコンを使うのが当たり前となり、長時間のPC作業による腰痛や肩こりなど多くの問題に人々が悩まされるようになりました。

そもそも人間は座ることに向いていないということは以前書きましたね。

座ってパソコン作業や書き物をする人にとってチェア選びは最重要です。 座っていると腰が痛くなったり、肩こりがしたりと様々な不調が起きます。 本当に選ぶべきワークチェア、ワーキングチェア選びをプロが教えます。

快適なワークチェアを使用することは当然として、デスクの高さやディスプレイの位置など気を遣う場所はいくつもあります。

しかし、それだけ用意すれば健康的に座って作業が出来るかというとそうでもありません。

もう一つ必要な要素が「自己鍛錬」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




人間は身体は動かすように出来るので、それこそ動いているほうが健康的です。

逆に動かさないと筋肉や関節が動かず固くなり、血液循環も悪くなることで各部が痛くなったりします。

身体を動かすことが健康への道です。

つまり、普段の運動も必要ということです。

いくら良い椅子に座っても、全く何にも身体を動かさないのでは徐々に辛くなってきます。

だから私は普段は運動と筋トレのためにジムに行っています。

日々座り仕事をする人はどんどん身体が壊れていきます。それを何とかするために優れたワークチェアを使うのはもちろんワークスペースを良いものにしますが、それだけでなく自身の運動や筋トレも必要です。 ジムに興味がある人向けにマナーややってはいけない行動を書きました。参考にしてください。

私は独立してから7年目ですが、95%以上の日にちをお店で過ごしています。(仕事で外出していることがある。)

多くの時間は座ってパソコンに向かっていますので、相当長く座って作業している部類に入ると思います。

でも私は姿勢も良いですし肩こりにも腰痛にも悩まされてはいません。

そうならないように良い椅子やモニターアームを使うといった快適な働く環境を作っているだけでなく、先述のとおりジムに通って鍛錬をしているからです。

「そんなに毎日働いて通える時間があるのか」って話ですが、基本的に私は深夜にジムへ行くようにしています。行く時間が無い時は30分でも15分でも良いんです。24時を回ってでもジムにいる時があるぐらいです。

そこではランニングをしたりウェイトトレーニングをしたりです。とにかく続けることが大切です。なるべく毎日ですね。

おかげさまで自慢ではありませんが年齢にしても身体が鍛えられています。

肩こりの解消にはストレッチだけでなく、僧帽筋や三角筋の強化が必要です。重い頭を支えるためにはそれを支えるだけの筋力が必要です。

そうして長時間の座ってPC作業にも耐える身体を作っています。

ただ歩くだけでも意味があるので、運動を全くしていない人は健康的な身体のためにも少しづつでも動いてみてください。

健康的に座ってパソコン作業をするために必要なことです。

腰痛対策に立ったままパソコン作業ができるように、背の高いデスクを使用することがあります。 立ったままの方が人間の構造に合っているということでお勧めされていますが、見様見真似では出来ない難しい姿勢でもあります。 ただ立って作業することを真似しただけでは逆に体をダメにしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告