ベルトイアの彫刻のような椅子「ダイヤモンドチェア」の歴史と正規品

ダイヤモンドチェア

– Diamond Chair –

デザイナー: Harry Bertoia (ハリー・ベルトイア)

彫刻家ハリー・ベルトイアが1952年にデザインをしたダイヤモンドチェアは、まさに彫刻をそのまま椅子にしたような佇まいです。

米国Knoll社から製造販売をされました。

ハリー・ベルトイアの説明とストーリー
彫刻家なのに家具も製作したベルトイア。彼の功績によりイームズワイヤーチェアが生まれるなど、ワイヤー状のチェアの発展に大きな影響を与えました。その後Knoll社からダイヤモンドチェアやバードチェアといった彼の魅力が詰まった椅子もリリースされたことで一躍有名デザイナーの仲間入りをしました。そんな彼の人生を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ミッドセンチュリーモダンを代表する芸術とも言える椅子

アップのワイヤーチェア

ダイヤモンドチェアがどういった経緯で生まれたのかの話をするためには40年代にまで話をさかのぼる必要があります。

ハリー・ベルトイアはイームズ夫妻に誘われカルフォルニアに移り住み、ロサンゼルスのイームズオフィスのメンバーとして活動をしていました。

彼自身は成形合板という存在そのものに否定的な立場ではありましたが、やがてスチールワイヤーを利用した家具デザインに携わることになります。

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
レイ・イームズの紹介とその生涯
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。

試作のイームズワイヤーチェア

(書籍 THE WORK CHARLES)

もともとイームズ夫妻はイームズシェルチェアを金属の一体成型で作り上げたという願望がありました。しかしその製作は当時の技術では難しく完成には至りませんでした。

そこでシェルチェアの形状をスチールワイヤーで再現する構成の試作を開始しました。

上写真が実際にイームズオフィスで手掛けられたイームズワイヤーチェアのプロトタイプたちです。

このワイヤー組み構造に多大な貢献をしたのがハリー・ベルトイアです。彼は金属彫刻家であり、その技術かいかんなく発揮されました。

その後ベルトイアは1950年にイームズオフィスを離れることにあります。

兼ねてからハンス・ノルからのアプローチもあり、ペンシルバニアに引っ越しをすることになります。

ハンスは用意した工房でベルトイアに自由な創作活動をさせます。

ハンス・G・ノルのストーリー
米国Knollの創業者であり、優秀なセールスマンであった彼は、アメリカンモダンファニチャーに大きく貢献しました。 彼がいないと今日のモダンはなかったかもしません。

試作のベルトイアチェア

(書籍 Chairs直撮り)

ハンスはKnoll社の社長であり、ベルトイアは同社で発売する家具作りに取り掛かります。

そして選んだ素材はやはりスチールワイヤーでした。金属彫刻家として金属の家具を作ることにし、いくつかの試作品(上写真)を経てベルトイアの家具シリーズが完成しました。

ダイヤモンドチェアの実物

その中の一つがこのダイヤモンドチェアです。1952年にデザインされKnoll社から発売されました。

同時にラージダイヤモンドチェア、オットマン、ハイバックチェア、バードチェア、サイドチェア、スラットベンチもデザインされました。

ベルトイアは自身の家具を「彫刻の様で、空気で出来ている。」と表現しています。

Knollから発売されたベルトイアの名作家具の一つ「スラットベンチ」
ノル社からいくつか発売されたハリー・ベルトイアの名作デザインの中にベンチがあります。 ミッドセンチュリーデザインの名作ベンチです。

ラージダイヤモンドチェアの実物

よく見るダイヤモンドチェアはおそらくダイニングチェアタイプのサイズだと思います、

ダイヤモンドチェアにはサイズが2種類あります。

ラウンジチェアサイズのラージダイヤモンドチェアもあり、こちらはオットマンと一緒に活用することが考えられています。上写真の物がラージサイズです。

ミッドセンチュリーコーディネート

(書籍 MID-CENTURY MODERN FURNITUR OF THE 1950s BY CARA GREENBERG 直撮り)

左のフルカバーがハイバックチェア、右がラージダイヤモンドチェアです。

イームズワイヤーチェア

ベルトイアの家具はデザインも優れ発売時から人気が高く上々な滑り出しでしたが、そのデザインがイームズワイヤーチェアの特許を侵害しているとミシガン州のハーマンミラー社から訴えられることになります。

裁判の結果Knoll側は敗訴をすることになります。

確か・・・当時特許使用料をハーマンミラー社に払っていたと記憶しています。

イームズワイヤーチェアのストーリーと裏話
1950年にデザインされたイームズワイヤーチェアは、イームズシェルチェアの素材を金属に変えたワイヤー組の彫刻的センスの椅子です。 この椅子が生まれた背景には本来は作りたかった金属製のシェルチェアを実現したいという野望があったからです。 ハリー・ベルトイアの功績と言われるこの椅子のストーリーや裏話を書きました。

しかしそれでもベルトイアの家具は売り上げも良く、この売り上げで十分な報酬を得たベルトイアはその後、アーティスト活動に専念することになります。以後、家具をデザインすることはありませんでした。


当時も現在もベルトイアのワイヤーチェアは名作家具としてKnoll社が正規品を製造販売し続けています。

また、ライセンスはハリーの娘が財団を運営して管理をしています。

https://harrybertoia.org/

ダイヤモンドチェアは飾っておくだけも意義がある椅子として、座れる彫刻とも呼べる名作です。

その影すら美しい。

金のダイヤモンドチェア

(NYCのKnollショールームで撮影した写真)

2015年には純金メッキを施したダイヤモンドチェアがラインナップに加わるなど、米国のラグジュアリーブランドらしい展開をしています。

ダイヤモンドチェアは正規品でも米国製、イタリア製、日本製と製造国がいくつか分かれます。どれも構造やサイズが違います。

ご注意ください。

ベルトイアの家具やKnollの家具は中古鑑定が難しい
ベルトイアのサイドチェアの中古を手に入れました。ちゃんと米国製のノル正規品です。 中古でダイヤモンドチェアやノルの製品が安く流通しているのは鑑定が難しいからでもあります。 そして、逆に不当に高額の場合もあります。注意してください。

青山に新しく出来たKnollショールームに行ってきました
このあいだ新しく出来たばかりのノルショールームに行ってきました。まさに高級家具の世界です。 内装の写真とともに紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告